日本政府、補正予算案を閣議決定 10万円一律給付は5月中を目指す考え

日本政府は20日、新型コロナの緊急経済対策として、計25兆6914億円の20年度補正予算案を閣議決定した。

国民一人当たり一律で現金10万円を給付するため、予算案を組み替える異例の措置を行なった。

増額分の財源(8兆8857億円)は全額、赤字国債の追加発行で賄う。

補正予算案は27日の国会に提出、5月1日までの成立を目指す。

現金10万円の給付は、5月中の開始を目指すという。

緊急経済対策

特別定額給付金(一律10万円給付)

収入が半減した中小企業に最大200万円、個人事業主に最大100万円を配る支援策

児童手当の受給世帯へ給付金上乗せ

民間金融機関による実質無利子・無担保の融資制度を創設

など


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します