コロナ危機を悪用したサイトで仮想通貨請求 米国当局が取り締まる

新型コロナを利用した仮想通貨詐欺

米国当局がCOVID-19のドメイン名を持つ、あるウェブサイトを凍結したことが分かった。詐欺師はこのサイトを売却し、ビットコインで対価を得ようとしていたという。FBIも、増加するCOVID-19関連の詐欺に警戒を呼び掛けている。

米国司法省(DOJ)と国土安全保障省(DHS)が差し押さえたのは「coronaprevention.org(コロナ防疫.org)」というドメイン名のサイトだ。

サイト所有者は、トランプ大統領がCOVID-19パンデミックによる国家緊急事態を宣言した翌日に、ハッカーが集まるインターネットフォーラムに投稿して、サイトを売りに出した。報酬として、ビットコインで500ドル相当を請求していた。

押収令状によると、売り手は覆面捜査官と会話し、このドメインを使用して「偽のCOVID-19テストキットを販売するのは天才的な行為だ」と発言。さらに売り手自身も偽のテストキット販売をしようと思っていたが、アリババ(中国のEコマースサイト)から一括購入するのに十分な現金を入手できなかったという。

国土安全保障調査局フィラデルフィアの特別代理人、ウィリアム・S・ウォーカー氏は次のように語る。

悲しいことに、犯罪者らは現在のパンデミックを、多くのアメリカ人が苦しんでいる間に収益を生み出す機会として悪用している。

私たちは、不法な金儲けスキームを通じてこの危機を利用しようとする者達を今後も積極的に追跡する。

COVID-19関連の詐欺が増加中

現在、コロナウイルスの危機を利用した詐欺案件は増加しており、FBIも警戒を呼びかけている。詐欺には主に4種類あるという。

脅迫の試み

犯人のビットコイン・ウォレットに送金を要求、送金されない場合は、何らかの方法でコロナウイルスに感染させると脅迫してくる。

資金転送依頼

犯人の口座に預けてあるコロナウイルス関連の「寄付金」を、銀行口座へ預け、その後仮想通貨の資金プールへ転送してほしいと依頼してくる。この「寄付金」は実際には盗まれた資金の可能性が高い。

偽の製品販売

COVID-19の感染を防止するという偽の製品の売り込みで代金を支払わせようとする。

投資詐欺

「新しく開発中」と称する偽の仮想通貨通貨プロジェクトへと投資させようとする。少量の投資で大きなリターンを得ると宣伝する場合が多い。

日本においても、『コロナ禍』という非日常を利用して人々からお金を騙し取ろうとする詐欺には気を付けたい。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用