仮想通貨開示プラットフォームXangle、Bitfinex Pulseにリアルタイムのデータ開示を提供

Xangle T!ckerを提供

英ヴァージン諸島に拠点を置く仮想通貨開示プラットフォームXangleと、 仮想通貨取引所Bitfinexは、リアルタイムのデータフィード「Xangle T!cker」をBitfinex Pulseに提供することを発表した。

Xangle T!ckerは、サービスによって追跡される600以上の暗号プロジェクトによって公開された最新の情報をリアルタイムで表示できる。

Bitfinex Pulseは、トレーダーがプロフェッショナルな環境で相互に連携できるソーシャルネットワーキングプラットフォームで、トレーダーにユニークで高品質なソーシャルネットワーキングプラットフォームを提供することを目指している。

関連:トレーダー向けソーシャルネットワーク 仮想通貨取引所Bitfinexがローンチ

Xangleは、取引所、メディアアウトレット、 ブラウザーサービスプロバイダーにティッカーソリューションを提供し、より多くのサービスプロバイダーにサービスを拡大する計画である。 Xangleはより安全な投資環境の構築を目指し、透明性の高い情報を提供することでプロジェクトとトレーダー間での情報のギャップを埋めている。 

今回の提携について、Xangleの最高技術責任者(CTO)兼 共同創設者であるLihan Lee氏は、以下のように述べた。

「当社の市場をリードするサービスをBitfinex Pulseに提供することは、信頼できるパートナーとしての我々の役割における重要な拡大であり、Xangleに関する最新の情報を世界中のユーザーに提供することを促進する」

「これは、当社のデューディリジェンスリポートによる上場及び、上場後の手続きにおいて、暗号通貨取引所を支援するための我々の最初の作業に基づいている。当社は引き続き、グローバルな取引所と連携し、暗号プロジェクトとトレーダー間のコミュニケーションを結びつけ円滑に進めていきます。」

これに対し、BitfinexのPaolo Ardoino氏(CTO)は、次のように述べた。

「Xangleはデジタル資産分野において権威ある信頼できる情報源としての地位を確立した。」「これによりXangle T!cker の提供は、トレーダーにリアルタイムかつ高品質な情報を提供するサービスとして、 Bitfinex Pulseにとって適合するソルーションとなります。」

Bitfinex Pulse

Bitfinex Pulseは、ユーザーが自分の Pulseを公開するかどうかを決めると同時に、検証済みの顧客同士が相互にやりとりできるようにする。 検証済みの Bitfinex の顧客も未検証の顧客もどちらもプライベートPulse を発行できる。

ニックネームが決まったら(ユーザーがBitfinex Leaderboard上で持っている新しいニックネームでも良い)ユーザーは他のユーザーからの Pulse を書いたり、共有したり、いいねを押したりすることが出来る。 さらに公開 Pulse は、TwitterやFacebookなどオンラインで共有でき、Bitfinex Pulseプラットフォームにログインしている他のコミュニティメンバーからも気に入られることが出来る。

Bitfinex Pulseに登録するには、自分のニックネームを選択するか、すでにプラットフォームのリーダーボードにあるBitfinexアカウントに接続されているニックネームを使うことが出来る。 または、Bitfinex Pulse アカウントのセットアップを省略して、他のユーザによって投稿された Pulse を表示することもできる。

Bitfinexは暗号取引(crypto trading)のワンストップショップとしての地位を活かし、最大5倍のレバレッジによる証拠金取引(margin trading)など、さまざまなサービスを提供。関連会社であるiFinex Financial Technologies Limitedを通じて、100倍のレバレッジを提供する恒久的なスワップ契約を利用することもできる。

仮想通貨開示プラットフォーム:Xangle


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用