イーサリアムネットワーク:第二の「燃料」が提案される

イーサリアムのシステムを支える第二の燃料となるか

イーサリアムの開発者が、現在のネットワーク手数料であるガスと並行して機能する、第二の燃料「オイル(Oil)」を提案した。

提案したのはソフトウェア開発者のAlexey Akhuno氏で、その動機はネットワーク上でガスコストの調整を繰り返す必要性を回避するためだと言う。 なお、この提案は、昨日12日に発表されており議論が開始されたばかりの段階で、正式なイーサリアム改善案(EIP)ではない。

提案の背景

提案のきっかけとして、ステートレス・イーサリアムの研究の中でにブロック・ウィットネスに課金する必要性が認識されるようになったことをAkhuno氏はあげた。 同時に、ステートレス・イーサリアムを機能させるためには、より多くのガスコストの調整が必要だが、その調整は非常に「骨が折れる」作業であることから、オイルで調節するというアイディアが生まれたという。

オイルを導入する意図は、ガスコストが決められている既存のコントラクトとの互換性を維持しつつ、ETH1.xでブロック・ウィットネスのデータサイズに応じた課金設定ができるようにすることだとAkhuno氏は述べている。

Akhuno氏はガスの問題点として、現在、計算やメモリ、ストレージなどのリソースのための課金と、コールバックを制限するという二つの目的にガスが使用されているため、前者の目的を満たすために設定したガスのコストが後者の目的を阻害する事態が起こることをあげた。(例:ガス不足でトランザクションが実行できない場合など)

そこで、その解決策として、ガスと同様の働きをする第二の燃料であるオイルが提案された。 現在ガスがトランザクションで果たしている主要な役割をオイルが引き継ぎ、二次的な目的にガスが使用されるようになるという。

イーサリアムのリサーチサイトでは、Akhuno氏の提案に対して、技術的な側面から活発な応酬が始まっているようだ。

名前についても議論

一方、技術的な議論とは別に、イーサリアム財団のGriffin Hotchkiss氏が名付けたオイルという名称についても、様々なやりとりがなされ、エネルギーの単位であるジュール(juole)とイーサリアムを合成した「jouleth」も候補に上がっている。

イーサリアム2.0に向けて

イーサリアムネットワークは、今年、PoSへの移行を実現する大型アップグレード、イーサリアム2.0のテスト段階に入っている。 スケーラビリティを大幅に向上させるイーサリアム2.0への期待度は非常に高いが、その実装には、開発者チームが、それぞれの複雑なステップを成功させ、積み上げていくことが必要で、完成までには時間を要するだろう。

そのステップの一つが、ETH 1.0用に書かれたスマートコントラクトとの下位互換性に対処することであり、第二の燃料の提案もその一環だろう。 今後もアップグレードを成功に導くための、様々な提案がなされ、議論され、実装につながっていくことが予想される。

イーサリアム共同創設者のVitalik Buterin氏は、イーサリアム2.0の進捗状況について、11日、スケーラビリティだけではなく暗号技術やプライバシーの面でやるべきことは多いが、開発は順調に進んでいると報告している。

出典:Etherium Research


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用