ハッキングで流出した一部の仮想通貨の凍結に成功 バイナンス

137ETHの入金を凍結、2019年のハッキング

最大手仮想通貨取引所バイナンスが、ハッキングで流出した一部の仮想通貨の凍結に成功した。

凍結に成功した仮想通貨は、2019年11月に韓国取引所UpBitからハッキングで流出したイーサリアムの一部。137ETH(約300万円)の入金を阻止し、アドレスを凍結した。

5月13日のWhale AlertでUpBitのハッキングに関わる137ETHがバイナンスに送金された通知を投稿。バイナンスCZもコメントを行い、資産の凍結を報告した。

すでにアドレスは凍結させた。UpBitに連絡し、どのように法的執行機関と協力するか話し合う予定だ。

UpBitは2019年11月にハッキングされ、顧客資産に該当する計342,000ETHの流出を公表した。今年の1月、その一部に当たる20,520ETHがすでに資金洗浄を通して移送された報告が出た。

なお、被害に遭ったUpBitの顧客は、自社保有資産から補填に割り当てる対応がなされている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します