中央銀行のデジタル通貨開発の素顔=専門誌調査

期待が現実を上回るか、CBDC

中央銀行関連の情報に特化した専門誌「Central Banking」は、同誌初となる中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関する調査結果を発表した。

世界46ヵ国(注1)の中央銀行から得た回答から浮かび上がってきたのは、CBDCの研究が盛んになる一方で、CBDCの発行が実現に至るまでには多くの課題があること、また、中央集権的な管理が不可欠との立場から、ブロックチェーン技術応用の可能性は限定的であるという。

注1:アジア・オセアニア地域7ヵ国、中東3ヵ国、欧州19ヵ国、アメリカ・カリブ海地域10ヵ国、アフリカ7ヵ国

CBDCの研究は盛んに

この調査では、今後5年以内で具体的なCBDCの発行を計画している中央銀行はほとんどないことが明らかになる一方で、回答した65%に上る中銀が、既にCBDCの調査研究を行っていることがわかった。

ここ数年で、テクノロジー企業の台頭によって、グローバルな決済環境が激変し、従来の銀行にチャレンジするような存在になりつつあることや、フェイスブックのリブラプロジェクトなど、民間のデジタル通貨が中央銀行の存在すらも脅かす可能性が指摘されるなど、中央銀行にとってCBDC研究は、ますます重要性を増してきているようだ。

実際、イングランド銀行をはじめ、多数の中央銀行が積極的にCBDCを評価し、金融安定性や金融市場のインフラ、マクロ経済への影響に関する課題についての詳細なレポートを発表している。

例えば、オランダ銀行は、先月、スマートコントラクト等の技術側面にも言及し、CBDCの設計モデルにまで踏み込んだレポートを発表。日銀は、今年1月、スウェーデン、カナダ、スイス、イギリスの中央銀行と欧州中央銀行、そして国際決済銀行(BIS)とともにCBDCの評価及び研究を共有するワーキンググループを新設している。

研究の段階

CBDC研究を行っている中銀のうち、その大半(57%)が初期の調査段階にあるようだ。

23%は研究を概念実証(PoC)の段階まで進めている。例えば欧州中央銀行(ECB)は、昨年末、R3の分散型台帳プラットフォーム「Corda」上で実現可能なPoCを開発している。

一部の中銀(13%)は、さらに一歩進んで、プロジェクトのパイロット段階に入っている事も明らかになった。カリブ海のバハマ中央銀行は、民間企業との提携によりブロックチェーンベースのCBDC「Sand Dollar」を開発。今年1月から一地区で試験運用を開始し、今年後半には別の地区にも拡大する予定だという。

また、2017年からデジタル通貨「e-krona」の研究を開始したスウェーデン国立銀行は、大手コンサルタント会社のアクセンチュアと提携し、2月からパイロットプログラムを開始しており、1年間試験運用を実施すると報道されている。

実現には多くの課題

CBDCの研究や試験運用が広がる一方で、中期的に見た実際の発行の可能性については、ほとんどの中銀がその計画はないと回答している。

CBDC発行の障壁となるのが自国の法的枠組みで、多くの国で現行の法律では中央銀行が銀行券と硬貨以外の法定通貨を発行できない仕組みになっている。CBDCの発行には法の改正が必要になる場合が多いようだ。調査では回答者の16%強が、CBDCの発行に法的な障害があると答えている。

さらに規制の面や新興技術への信頼の欠如、またデータのプライバシーに関するコンプライアンス、サイバーセキュリティへの不安なども、障壁となると考えられている。

DLTは利用するが、ブロックチェーン利用の可能性は低い

調査では71%の回答者が分散台帳技術(DLT)の使用を検討すると答えた一方で、ブロックチェーン・ネットワークを利用すると答えたのは、一行に留まったという。セキュリティとスケーラビリティの問題が解決した場合に、利用を検討するとした中銀も一行のみだった。

DLTを検討しないと答えた中銀(29%)は、その理由として、集中型データベースが好ましい選択肢であることをあげた。中央銀行が複数の当事者に取引データを管理させることは、プライバシーとセキュリティに関する懸念もあり、集中型発行モデルを利用している中銀にとっては、ブロックチェーンの利点はそれほど重要ではないと結論づけている。

この考え方を裏付けるように、イングランド銀行は、CBDCがDLTを使用して構築されなければならない理由はないとしており、従来の中央集権型技術を使用しての構築も可能だと指摘。同時に、DLTには潜在的に有用な革新技術が含まれていると評価し、CBDCの設計を検討する際にはそれを分析すべきだとした。

最終的にどのような技術をCBDC開発に導入するかを決定するには時期尚早だとし、回答者の多くは、質問への回答を避けているようだ。あるヨーロッパの中央銀行は「現時点では、どの技術がCBDCの発行に最も適しているかに関する合意はない」と述べたという。

各国でCBDCの研究開発がますます活発になる一方で、実際の発行には、まだ長い道のりを辿らなくてはならないようだ。

出典:Central Banking


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用