CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨EOSの投資家がBlock.oneを集団訴訟、2億ドル以上の損失と主張

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Block.oneに集団訴訟問題が発生

昨年9月末、仮想通貨EOS(イオス)の未登録ICO問題で、2400万ドルの罰金の支払いにより米証券取引委員会(SEC)と和解したブロックチェーン企業、「Block.one」が、新たな訴訟問題に直面している。

5月18日、ニューヨーク連邦地方裁判所に提出された訴状によると、この訴訟は、2017年6月26日から現在に至るまでの間、EOSを購入または取得したすべての個人または事業体を代表して提訴されており、4月3日にすでに同裁判所に提出されたBlock.oneに対する集団訴訟(原告:Williamsおよびその他)に次ぐ2件目の集団訴訟となる。

原告(Crypto Assets Opportunity Fund LLC並びにJohnny Hong)はBlock.Oneが、米国証券法に違反し、SECへのEOSの証券登録の義務を怠り、かつEOSに関連した大々的な広告を行うとともに、投資家の誤解を招くような情報を提供することで、投資家に多大なる不利益を与えたと主張。「仮想通貨をめぐる世界的な熱狂と、歯止めが利かない人間の貪欲さによって煽られた詐欺的な計画に起因する」、とした。

巨額の資金調達に成功したEOS

香港と米バージニア州に拠点を置くBlock.oneは2017年に設立され、同社が開発する仮想通貨EOSを、2017年6月から約1年間にわたり実施されたICOで販売し、史上最高額となる41億ドル相当(約4400億円)の資金調達に成功した。

ICOに際して、Block.Oneは、EOSへの投資は、ビットコインやイーサリアムブロックチェーンより優れた、新たなオープンソースのプラットフォームへの資金提供をするものだと主張。ホワイトペーパーや、ブロックチェーン会議、数々のミートアップでBlock.One幹部によるプレゼンテーションを通して、積極的なマーケティングを行った。さらに、仮想通貨に特化したオンラインニュースや投資家向けのサイトに加え、ニューヨーク、タイムズスクエアのビルボード広告など、大きな注目をひくプロモーションが行われている。

この間、Block.oneは、SECに有価証券登録をせず、またその登録免除の申請も行なっていないという。

SECはBlock.oneが未登録の有価証券トークンを米国在住の投資家に販売し、連邦証券法に違反したとして、昨年9月30日、2400万ドルの罰金の支払いを命じたが、Block.oneは、SECの調査結果を否定することなく和解請求に同意し、罰金の支払いに応じ和解に至っている。

 

原告の主張

訴状では、Block.oneが、投資家保護のために義務付けられた証券取引に関する規制を故意に回避したため、ICO投資家が、Block.oneの財務履歴、運営状況や予算、役員報酬やリスク要因、また法律で規定された情報の開示を要求する機会を奪われたと申し立てている。

また、Block.oneは、EOSのプレセールの売買契約書に、SECへの対応策として、米国の投資家には資金調達ラウンドに参加しないように求める文言を含めてはいたが、米国の投資家を排除するのには十分な措置をとってはおらず、実際ICOには多くの米国在住の投資家が参加したことが判明している。

原告側弁護団の一人によると、米国の投資家の損失を2億ドルと見積もっているという。

弁護団は、Block.oneのSECとの和解金2400万ドルは、同社がICOで調達した40億ドルの0.6%に過ぎないことに注目しているという。また、SECは、罰金の支払いのみで、EOSトークンの再登録や投資家への払い戻し、Block.oneによる今後の有価証券を発行資格を制限するような措置は要求していないことを指摘した。

訴状では、ICOはBlock.oneに巨額の利益をもたらした一方で、投資家はBlock.oneの当初の主張とは対照的に、EOSブロックチェーンが「高度に中央集権化」され、「他のブロックチェーンよりも優れていない」ことを発見することになり、「事実上、ほぼ無価値となった規制されていない資産」がその手元に残ったと訴えている。

強力な弁護団

今回の訴訟の弁護団には、投資家サイドからの訴訟に精通した法律事務所や、ブロックチェーン・仮想通貨訴訟の専門家、投資家擁護専門家などが参加しているが、この訴訟は、「すべての仮想通貨詐欺で最大のもの」とも言えるICOで、Bolck.oneに世界の投資家を騙した責任取らせるための努力だと、主張している。

「仮想通貨を信じているからこそ、仮想通貨を利用して、あからさまに個人的な利益を得ようとする者には責任を取らせなくてはならない」と弁護団の一人で、証券弁護士のJames Koutoulas氏は述べている。

出典:訴状

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/24 水曜日
13:55
トヨタ・ブロックチェーン・ラボ、スマートアカウント導入で車の使用権トークン化を検討
トヨタ・ブロックチェーン・ラボは、モビリティ(移動手段としての乗り物)をイーサリアム・ブロックチェーン上のスマートアカウントとして設計する構想を発表した。
11:30
日本デジタルアセットマーケッツ、アバランチと提携 RWAトークン発行・流通を推進へ
株式会社デジタルアセットマーケッツは、仮想通貨アバランチのAva Labsと合意書を締結。RWAトークン事業などで提携していく。
11:00
ETHの強気要因、元ウォール街トレーダー分析
イーサリアムが強気相場入りしたと判断する3つの理由を仮想通貨関連企業幹部が指摘。現物ETFのローンチなどを挙げ、2024年後半は明確な強気相場だと主張した。
09:20
ハリス氏陣営、マーク・キューバン氏に仮想通貨について問い合わせ
著名投資家マーク・キューバン氏は、カマラ・ハリス氏陣営から仮想通貨について質問を受けており、このことは良い兆候だと述べた。
08:30
各社のイーサリアム現物ETFのETH保有量明らかに
最も保有量の多いのは、グレースケールのETHEで、2,959,307 ETH(1.6兆円)の運用額だ。ETHEはこれまで運用されてきたイーサリアム投資信託から転換されたもので、23日にイーサリアムのミニ版ETFも同時にローンチした。
07:45
イーサリアム現物ETF、初日出来高1550億円超
23日に取引が開始された仮想通貨イーサリアムの現物ETFの合計出来高は1550億円超に。取引開始に米議員や仮想通貨業界が反応している。
07:15
「ビットコイン2024」のオーガナイザー、ハリス米副大統領の講演について交渉中
ハリス氏はすでに指名獲得に必要な過半数の代議員から支持を得ているが、仮想通貨へのスタンスは未だ表明していない。
06:50
ソラナ初のプライベート・クレジット・ファンド、米大手投資会社ハミルトン・レーンが立ち上げ
運用・監督資産143兆円超の米ハミルトン・レーンは23日、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」の立ち上げを発表した。
06:15
トランプ氏、ビットコイン否定派JPモルガンのダイモンCEOの財務長官指名を否定
トランプ氏は24日に、ビットコインに懐疑的なJPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOや、ブラックロックのフィンクCEOの財務大臣指名の噂を否定した。
06:00
クラーケン、ビットコインをマウントゴックス債権者に返済開始 売圧警戒も
多くのビットコインが同時に売却される可能性が警戒され、仮想通貨BTCは23日深夜66,000ドル台を下回った。
07/23 火曜日
18:00
AILayerとは|AIとWeb3を融合するAI駆動のビットコインLayer 2ソリューション
AIとブロックチェーン技術を統合させた、ビットコインLayer 2ソリューション「AILayer」について、特徴やメリットなどを詳しく解説します。
17:40
ブラックロックのビットコインETF、ナスダックETF上回る年初来資金流入額4位に
ブラックロックのビットコイン現物ETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト」は、ナスダックQQQを超える資金流入を記録。フィデリティも上位にランクイン。イーサリアムETFの発売も迫る中、投資家の関心が高まる。
15:28
ミームコインが4~6月の仮想通貨市場を席巻=CoinGecko
2024年第2四半期の仮想通貨市場でミームコインがWeb Trafficを席巻し、市場シェア14.3%を獲得。暗号資産(仮想通貨)市場におけるミームコインの注目度と、ビットコイン市場動向を詳しく解説。
14:15
時価総額が355兆円規模に、上半期の仮想通貨市場=バイナンスレポート
仮想通貨取引所大手バイナンス、2024年上半期の仮想通貨市場についてのレポートを発表。仮想通貨の時価総額は年初から37.3%増加し、355兆円の規模に拡大したと報告した。
13:20
トランプ氏が大統領再選の場合、ゲンスラーSEC委員長早期退任か=10x Research
10x Researchは、トランプ氏が大統領再選の場合、仮想通貨に批判的なゲンスラーSEC委員長は退任する可能性が高いと意見した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア