CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨オントロジー創業者が語る2020年のビジョン|拡大を続けるオントロジーエコシステム

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

創業者が2020年にかける想い

2017年より活動を開始し、順調に拡大してきたオントロジー。創業者のAndy Ji氏は「2020年により『大きな節目』を迎えるであろう」と語った。

メッセージの中で同氏は「汎用的なアプリケーションシナリオに対応できる自律型ブロックチェーンの基盤構築に全精力を注いできた」と言及。その土台を足がかりとし、2020年をオントロジーの歴史にとっても大切な指標となる一年にしたいと訴えた。

オントロジーが注力する分野

過去数年間、オントロジーはゲーム・DeFi・コンテンツ領域での実装に重きを置いてきた。その数年間の功績は、80以上のユースケースの立ち上げとデイリーアクティブユーザー(DAU)が最高時で130,000を記録した実績として表れている。

さらにオントロジーは、将来的に重要な機会を探るべく調査・分析も重ねてきた。その結果、複数の事業領域におけるブロックチェーン技術の普及に注力していく方針が定まった。

デジタル通貨領域

ステーブルコインやデジタル通貨を効果的に用いることで偏りのない量的緩和を実施、貧富の差を緩和することが可能だという。そのような考えに基づいて、LibraやCeloなどの決済インターフェイスAPIを集約して各アプリケーションでの決済を可能にするなどのサービスを提供する見込みだ。

自動車産業

次世代の車載オペレーティングシステム(以下OS)の領域にも、オントロジーが貢献する余地がある。オントロジーブロックチェーンを利用することで、人と車のインタラクションやスマートコントラストに基づいた少額決済が提供できるという。

このビジョンを達成するため、オントロジーは既にフォーチュン500に名を連ねる自動車関連企業と協力して次世代車載OSの構築を推進している。次世代車載OSに搭載される各種機能は、ブロックチェーン技術が支える。たとえば、車のスマートロック機能では、オントロジー上にある公開鍵と秘密鍵が活用される。

個人情報領域

個人情報の所有権を安全に保護できる新しい仕組みも加わる見込みで、データの所有権を複数の管理者に分ける。また近々ローンチされる予定のデータ革命イニシアティブ(DRI)では、データの自己主権性と透明性を高めるため、多国籍企業やNGO、学校などと提携していく。

5月に発表した分散型データマーケットプレイスのSAGAとデータの承認と・転送をシームレスに実行可能にするDDXFによってBtoBのユーザーをサポート。さらに、BtoCにおいてもオントロジー公式ウォレットの「ONTO」は個人情報の分散型保存、承認、取引の土台となる。ONTOは車の保険やフィットネス、物の貸し借りなどという日々の活動にも活用することができるという。

ブロックチェーン開発のハードルを下げるための統合

オントロジーが提携先として選ぶのは、上記の事業領域にとどまらない。

6月18日、オープンソースプロジェクトの「ロゼッタ」との統合を発表した。ロゼッタは、ブロックチェーン開発を円滑に進めるために各ブロックチェーン技術の仕様を分析し、それに基づいたプロトコル統合のスタンダード確立を目指す、仮想通貨取引所のCoinbaseが主導するプロジェクトだ。

ロゼッタによりプロトコル統合のスタンダードが確立されると、仮想通貨取引所や関連するプラットフォームなどをシームレスに繋ぐ技術フレームワークができあがります。これにより、様々なブロックチェーンソリューションの採用・提携・普及が宇長っされると期待されている。

詳細:オントロジー、コインベース主導のオープンソースプロジェクトRosetta(ロゼッタ)との統合を発表

ステーキングへ参加しやすく

オントロジーがもたらす可能性は、企業同士の協力や参入だけに限らない。一般人がサービスのユーザーとしてだけではなく、オントロジーエコシステムの維持・運営に参加する難易度が下がっている。

ガバナンス投票の結果、オントロジーのガバナンスシステムを改良することが決定。コミュニティ主導の分散型ネットワークが健全に運営され続けるためには、適切なガバナンス体制が必須だ。その実現のため、オントロジーはステーキングへの参加要件となるONT所有量を7月7日から下げることを決定。従来は500ONT所有していなければステーキングに参加できなかったが、1ONTからステーキングへ可能だ。

他にも、ガバナンスに関する投票に参加して得られる報酬を引き上げるなどの変更を加え、フェアなプラットフォーム構築に尽力していることが伺える。

 

多岐に渡るサービスを開発・提供しつつ、様々な企業と提携しユーザーにとって価値の高いエコシステム構築を試みるオントロジー。2020年下半期以降の動きにも注目が高まりそうだ。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/02 金曜日
15:56
三菱UFJ信託銀行ら、ステーブルコインの実証検証へ
三菱UFJ信託銀行株式会社は、同社が主催する「デジタルアセット共創コンソーシアム(DCC)」に、「パーミッションレス型ステーブルコイン・ワーキンググループ」を設置したことを発表した。
15:07
チェーンリンク(LINK)、ステーキング実装へ
分散型オラクルネットワークのチェーンリンクについて、待望のステーキング機能が12月6日に実装されることが明らかになった。仮想通貨LINKの価格は過去2週間で22%上昇している。
14:00
FTX破綻問題巡る公聴会 米CFTC委員長が証言
FTXの破綻に関する公聴会が米上院農業委員会で開催され、商品先物取引委員会のロスティン・ベーナム委員長が証言を行った。ベーナム氏は包括的な規制権限をCFTCに付与するよう議会に求めた。
12:54
BNB代替資産が無限発行か、Ankrプロトコルへの侵害で
仮想通貨BNBを担保に発行する「ラップドBNB」が、ほとんど無限に発行されて、売却される事態が起きた。AnkrProtocolがプロトコル侵害のターゲットとされた模様。
12:45
ビットバンク、国内初のAXS取り扱いへ
国内仮想通貨取引所ビットバンクはNFTゲーム銘柄「アクシーインフィニティ」(AXS)の取り扱い開始を発表。国内では初の上場事例となる。
12:14
BTC17000ドル前後推移、バイナンスIEO上場のHOOKに関心集まる
暗号資産(仮想通貨)相場はやや反落。バイナンスローンチパッドで上場したHooked Protocol(HOOK)が、プレセール価格から20倍以上高騰して
11:55
イタリア、2023年から仮想通貨への課税強化か
イタリア政府は、2023年よりビットコインなど仮想通貨取引で得た利益について課税強化する予算案を公開した。同時に、条件付きの減税措置も提案している。
11:10
Magic Eden、ロイヤリティ保護標準をリリース
ソラナ(SOL)基盤のNFT電子市場大手Magic Edenは、NFTコレクションのクリエイター手数料をプロトコルレベルで保護する規格「Open Creator Protocol」を発表した。
09:45
露Sber銀、独自ブロックチェーンでメタマスクを利用へ
ロシア貯蓄銀行(Sberbank)は、同社のブロックチェーンプラットフォームでイーサリアム系の仮想通貨ウォレット「メタマスク」を使用できるようにすると発表した。
09:20
FTX JP「顧客資産は米破産法の対象外」
仮想通貨取引所FTX Japanは、サービス復旧に向けた取り組みを発表。日本の顧客資産は、米チャプターイレブンの対象にはならないとの見解が示されたと説明している。
08:25
決済サービスStripe、Magic EdenやArgentなどに対応
米Stripe社は2日、16のイーサリアムとソラナdAppsやマーケットプレイスに対応し、法定通貨から仮想通貨のアクセスルートを提供することを発表した。
08:00
米CME、AAVEなどDeFi銘柄の指標を公開へ
米大手デリバティブ取引所CMEは1日、CRVなどの3つのDeFi銘柄の指数を新たに提供する予定を発表した。
07:40
英TP ICAP、仮想通貨交換業者として当局から承認
英大手インターディーラーブローカーのTP ICAP社は機関投資家向けの仮想通貨取引サービスを提供する業者として英FCAに承認された。
07:25
アップル、コインベースにNFT送信機能停止を要請
米仮想通貨取引所コインベースは、アップル社のiOS版向けのコインベースウォレットで、NFTの送信をできないようにしたことを発表。送信機能を停止した理由を説明した。
06:55
2日朝|NYダウ反落 バイナンスIEO銘柄高騰
今日のニューヨークダウ平均は昨日の利上げ減速期待上げから一転し米景気後退のリスクが意識されている形で反落。バイナンスのIEO銘柄HOOKは高騰している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧