米国初、年会費無料の仮想通貨退職金口座(IRA)誕生

年会費無料の仮想通貨IRAサービス

米国で好調の仮想通貨による退職金口座サービスに、年会費無料で利用できるものが初登場した。

カストディ企業キングダムトラストが立ち上げた個人退職口座(IRA)サービス「チョイス」に無料プランを導入した。

プランは3つ用意されており、そのうちコールドストレージにBTCを保管するものと、特に保管プランは用意されていないものの2プランが年会費無料で提供される。

コールドストレージのプランでは、別途カストディ費用が年間1%かかる。

「チョイス」は、ユーザーが株式、上場投資信託(ETF)、ゴールドなどの従来型資産に加え、仮想通貨を単一のアカウントで管理することができるサービス。伝統資産はInteractive Brokers、仮想通貨はKrakenを通じてトレードすることも可能になる。

キングダムトラストCEOのRyan Radloffは次のように述べる。

伝統資産の市場では、ここ10年間で無料アカウントが当たり前になっていた。業界がさらに成熟して、デジタル資産についても無料アカウントを導入できるようになったことを嬉しく思う。

保管プランごとに認識されるリスクについてもオープンに開示するという。

さらに有料プランでは、仮想通貨カストディ企業カーサ(Casa)によるプライベートなコールドストレージを利用して、一人一人独自の秘密鍵を作成。自身でビットコインの保有鍵を有しつつ、税優遇の対象となる退職金口座サービスにアクセスができる上位プランも提供される。

退職金口座市場には、34.6兆ドルもの資産残高

米国では、401kプランやIRAといった、掛け金を払って自己責任で運用・管理する個人積み立て型の老後資金貯蓄制度が普及しており、税制優遇措置も設けられている。

一方で、米国連邦預金保険公社(FDIC)によると、米国の預金口座の金利は今年5月時点で平均0.06%と低く、資産を効率よく増やす手段には需要がある。これは、仮想通貨投資を組み込むことのできる退職貯蓄サービスも注目されているポイントにも挙がる。

キングダムトラストによると、退職貯蓄制度における資産残高は34.6兆ドル(約3700兆円)にも及び、ビットコインを所有し退職金口座を持つ710万人のアメリカ人がいる。

こうした市場にチャンスを見出し、「チョイス」は株式、債券、ゴールドなど、他のIRA投資と同じプラットフォームで仮想通貨を取引する機会を提供している。

5月末時点では、キングダムトラストで仮想通貨と他の資産を一つのアカウントに保持しているユーザーは、まだ1%に留まっており、今回の年会費無料が取引ユーザーの拡大に繋がると見ている。

キングダムトラストのライバル企業としては、仮想通貨を取り扱うIRAを運営するBitcoin IRAが存在しており、過去12か月で数億件の仮想通貨取引を記録。昨年末には、最高執行責任者Chris Klineが近い将来、取引高が10億ドル(約1070億円)、顧客数も1万人に達するとの見通しを発表した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用