CoinPostで今最も読まれています

グレースケール仮想通貨投資信託の需要急増、背景に「アービトラージ」

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

裁定取引への利用も人気の背景か

米グレースケール社の仮想通貨投資信託商品への需要が急速に伸びているが、この理由として裁定取引(アービトラージ)の機会に利用されているとの指摘が挙がっている。

グレースケールの主力商品であるビットコインとイーサリアムの信託は両方とも、原資産の価値に対してプレミアムを上乗せした価格で取引されている。

そこで、多くのヘッジファンドが自前でコインを購入または借用し、その現物資産でグレースケールに出資を行うことで、より多くの投資ユニットを作成する手法を使うという。

ヘッジファンドMulticoin Capital Managementの共同創設者Kyle Samaniは、次のように語った。

これらが原資産に対してプレミアム価格で取引される場合、リスクのない利益を手にすることが出来る。グレースケールでの裁定取引は一般的だ。

グレースケール投資信託は、認定バイヤーのみに定期的な株式の私募を提供しており、最長12か月のロックアップ条項を含んでいることから、こうした取引が可能となる。

ただ、私募には参加できない小規模な投資家は、認定投資家が購入しロックアップされた株式が、数か月後に売却される時にリスクにさらされる可能性も指摘されている。

仮想通貨投資信託が人気の理由は?

グレースケールの2020年第2四半期「デジタル資産投資レポート」によると、同社への第2四半期流入額は過去最高の9億580万ドル(約960億円)を記録。今年第1四半期もそれまでの最高値だったが、さらに約2倍となった。

また機関投資家からの資本流入が8割を超えていたという。

今回指摘された、裁定取引への利用以外にも人気の理由は幾つか挙げられている。同社の運営ディレクター、マイケル・ゾンネシャインはレポートの中で三つほど理由を挙げた。

関連:ビットコイン投資信託に巨額の資本流入、背景に「退職金アカウント」の存在も

資産保管の手間が省ける

グレースケール商品のうち4つ(ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、グレースケール・デジタルラージギャップファンド)は、認定された「適格投資家」であれば、純資産価値で直接同社から購入することができる。

これらにより、投資家が仮想通貨を直接に購入、送信、維持保管する手間が省けることになる。大半の大口投資家にとっては資産をカストディアンに預けることが習慣化している状況だ。

老後資金運用でもニーズが上昇中

また、近年需要が高まっている米国の個人退職金口座(IRA)や確定拠出型個人年金制度401Kなどが、仮想通貨をポートフォリオの一環として取り扱い始めていることも大きい。

グレースケール製品を多く購入する層には退職金アカウントも含まれており、節税効果の高い方法で資産管理を行いたい者からのニーズを反映している。米国では老後資金貯蓄制度が普及しており、税制優遇措置も設けられている。

リスクヘッジ資産として仮想通貨に注目集まる

新型コロナ禍により各国政府が大規模な金融緩和政策を行った結果、代替資産に注目が集まっている。ビットコインのような仮想通貨については、発行量の上限が定められていることや、検証可能な希少性などの面が見直されている。

尚、4月末時点でグレースケールは、契約数の飛躍的増加のため、2020年の約4ヶ月で新たに採掘されたイーサリアム(ETH)のおよそ半数を投資信託向けに買い付けていたことが報道されている。

関連:「新規発行量の5割」 投資信託から見る機関投資家の仮想通貨需要

『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/24 金曜日
06:10
米SECがイーサリアム現物ETF発行企業と対話開始、S-1フォームめぐり
Galaxy Digitalのレポートによると、仮に承認されれば、7月か8月に取引所に上場され取引を開始する可能性が高い。
05:30
コインベース、仮想通貨XRPの取扱いをニューヨーク州で再開
2023年7月に裁判におけるRipple Labsの部分的勝利を受けニューヨーク州を除く他の州でXRP-USD・XRP-USDT ・XRP-EURの3通貨ペアで取り扱いを再開した経緯がある。今回は、これまで対応できなかったニューヨーク州での再開を実現した格好だ。
05/23 木曜日
14:45
ブリリアンクリプト、Coincheckで「つるはしNFT」のINOを29日から開催
BrilliantcryptoがCoincheck INOでつるはしNFTの販売を開始へ。IEO参加者には優先購入権が付与されるなど、販売詳細が明らかに。暗号資産(仮想通貨)交換業者を通じて、新たなブロックチェーン資産にアクセスする機会。
13:55
「パラレル」カードゲーム、日本楽天ブックス提携でカードや漫画を流通へ
楽天ブックスはパラレルと提携することで、日本におけるカード、コミック、玩具などの販売代理店として、世界最大級のTCG市場に参入する橋渡しとなる。
13:35
韓国最大手アップビット、オアシスの新規上場を発表 OAS急騰
韓国トップの暗号資産(仮想通貨)取引所アップビットが、新規にオアシス(OAS)の取扱いを発表。OASは44%急騰している。OASはグローバル展開を進めており、バイナンス、コインベースなどトップ市場への上場に期待も高まる。
11:45
イーサリアムに続く現物ETFはソラナになる可能性 識者が議論
仮想通貨投資企業BKCMのブライアン・ケリーCEOは、仮にイーサリアム現物ETFが承認された場合、次に続くのはソラナになるだろうと意見した。
10:45
香港当局、ワールドコインを個人データ条例違反と指定
香港の個人データ保護当局は、仮想通貨プロジェクト「ワールドコイン」が条例に違反しているとして、虹彩データ収集活動などの停止を命じた。
10:10
NTT Digital、新プロジェクト「web3 Jam」を立ち上げ
ブロックチェーンを活用して円滑な企業連携を目指すプロジェクトweb3 Jamの立ち上げをNTT Digitalが発表。立ち上げの背景や今後の計画を説明している。
07:45
SECゲンスラー委員長反対も、仮想通貨重要法案「FIT21」は下院通過
米バイデン政権とSECのゲンスラー委員長は仮想通貨法案「FIT21」に反対を表明。どちらも投資家保護のルールが不十分だと主張している。
07:25
WisdomTree、イギリスでビットコインとイーサリアムETP上場承認を取得
米資産管理会社ウィズダムツリーは、仮想通貨ビットコインとイーサリアムの現物上場取引型金融商品をロンドン証券取引所に上場する承認を英金融当局から受けた。
06:55
仮想通貨ウォレット「メタマスク」、ビットコイン対応へ
ついにビットコインサポートか 暗号資産(仮想通貨)ウォレットのMetaMask(メタマスク)は、ビットコインへの対応を導入する予定のようだ。 公式発表はまだされていないが、Co…
06:05
ナスダック、ブラックロックのイーサリアム現物申請ETFフォームを更新
ナスダックによる書類の更新内容は、これまでアークやフィデリティなどのものに類似し、仮想通貨ETH保有資産のステーキングを行わないことを明記している。
05:50
エヌビディア純利益7倍の好決算、AI関連の仮想通貨銘柄連れ高
半導体大手エヌビディアの好決算を受けて、FETやRender、AR、AGIX、TAOなどの仮想通貨AI関連銘柄は全面高になった。
05/22 水曜日
16:43
暗号資産ステーキング報酬国内No.1のビットポイント、新たにSOL(ソラナ)を追加
暗号資産(仮想通貨)ステーキング報酬国内No.1のBITPOINT(ビットポイント)は、人気銘柄のソラナ(SOL)を新たに追加することを発表した。ビットポイントを利用するメリットについて解説。
15:34
米下院、包括的な仮想通貨法案「FIT21」採決へ 規制不確実性の解消目指す
米国連邦議会下院は22日、米SEC(証券取引委員会)の監督権限などを明確にすべく仮想通貨業界にとって大きな節目と指摘される「金融イノベーション・テクノロジー法」(FIT21)の採決を行う予定だ。超党派の支持を得ているため、承認が期待されている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア