SBI主導:Ripple技術を利用したスマホ向け送金アプリMoneyTapを商用化へ

*画像はイメージです

スマホ向け送金アプリ「Money Tap」を商用化
SBIが主導する「内外為替一元化コンソーシアム」は、米Ripple(リップル)社のxCurrentを実装した、商用版:RCクラウド 2.0に接続するスマートフォン向け送金アプリ「Money Tap(マネータップ)」の提供を発表。銀行でも順次サービス対応していくとしています。
銀行送金・決済サービスのイノベーション
銀行の口座番号だけでなく、携帯電話番号やQRコードを使用した決済や、送金が可能になる「Money Tap(マネータップ)」。このアプリが普及した場合、私たちの日常生活と密接に関わってくる便利なサービスになるでしょう。

スマートフォン向け送金アプリ「Money Tap(マネータップ)」

「SBIホールディングス<8473>」と、子会社の「SBI Ripple Asia」が事務局を務める「内外為替一元化コンソーシアム」は、分散台帳技術(DLT)を活用した、次世代金融基盤に接続するスマートフォン向け送金アプリ「Money Tap(マネータップ)」を提供することを発表しました。

分散台帳技術(DLT)とは

Distributed Ledger Technologyの略。

ブロックチェーンの機能を派生し、共有台帳という特徴のみを抽出して一般化した概念であり、ブロックチェーンは分散型台帳の一種に区分される。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

内外為替一元化コンソーシアムとは

2016年10月に発足。

三菱東京UFJ銀行、みずほフィナンシャルグループ、三井住友銀行といった日本を代表するメガバンクを始め、邦銀61行が加盟しています。

内外為替一元化コンソーシアムでは、分散台帳技術(DLT)を活用し、外国為替に加えて内国為替も一元的に扱う”次世代金融基盤”を共同構築しており、低コストかつ迅速な送金システムの構築を目指した、次世代における送金インフラ整備のための大規模なプロジェクトです。

Ripple(リップル)社のxCurrentを実装

2017年12月には、米Ripple(リップル)社の最新ソリューションである「xCurrent」を実装した商用版「RCクラウド 2.0」を完成 させており、今回発表した「Money Tap(マネータップ)」は、「RCクラウド 2.0」に接続することで、スマホアプリによる送金・決済を実現する新サービスとなります。

xCurrentとは、銀行による即時国際送金の決済を実現、すべての送金プロセスを可視化するためのソリューションです。

xCurrentを利用することで、銀行間での「リアルタイムメッセージング」が可能となり、「取引を行う前に決済内容の確認や決済後の着金確認ができる」ようになります。

CoinPostの関連記事

リップル社プロダクト(RippleNet、xCurrent、xRapid、xVia)の違いと採用企業まとめ
リップル社のプロダクト(RippleNet、xCurrent、xRapid、xVia)と採用企業をまとめました。Rippleのプロダクトのうち、XRPが利用されるのはxRapidです。提携企業がどのプロダクトを採用するかに注意が必要です。

Money Tap(マネータップ)とは

口座番号指定のほかに、携帯電話番号を用いた決済も可能
携帯電話番号を指定して振込を実施する場合の送金イメージ
QRコードを読み込んでの送金も可能

引用元:SBIホールディングスのIR

「RC クラウド 2.0」に接続するスマートフォン向け送金アプリ「Money Tap」は、利用者による個人間の送金を、安全・リアルタイムかつ快適に行える環境を提供するとしています。

「Money Tap」は、今まで通り銀行口座番号による送金のほか、携帯電話番号に紐づけた送金や、「QR コード」を用いた送金機能も持ち合わせているアプリで、指紋による生体認証と組み合わせることで、ユーザーエクスペリエンス(UX)とセキュリティの両立を図っています。

また、「Money Tap」と「RC クラウド 2.0」との接続にあたっては、参加金融機関の開発負荷を軽減するために、オープンAPIを活用した接続を可能とする「共通 GW(ゲートウェイ)」を活用しており、参入障壁を下げることで開発を促進しています。

安全かつ使い勝手の良いフリクションレス(摩擦のない)ペイメントを実現、日常生活でのキャッシュレス化を通じて、新たな産業の育成とともに、生産性の向上と社会コストの低減を図っていくとしています。

サービス開始時期は?

2017年10月には、第一段階として

  • 住信SBIネット銀行
  • スルガ銀行
  • りそな銀行

の3行が、先行商用化行として詳細運用についての集中協議を開始。

2018年4月以降に試験運用開始、2018年夏以降に一般公開を目指すとしています。

また、対応銀行は順次増加していくとのこと。

スマートフォンの送金アプリ「Money Tap(マネータップ)」は、近い将来、私たちの日常生活で当たり前のように使われるようになる可能性もあり、今後も目が離せません。

リップルニュース一覧

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加