バイナンスが豪州進出、仮想通貨取引所Binance Australiaローンチ

バイナンスの新しい取引所

世界各国に進出する最大手仮想通貨取引所バイナンスが、新たに「Binance Australia」をローンチした。

発表によると、ユーザーはPayIDサービスを通じて地元の銀行口座に繋げ、手数料無料でAUDの入金ができる。また、本家バイナンスにある現存のすべてのサービスにもアクセスができるという。

現時点ではAUD建ての取引ペアは取り扱っていないようだが、今後追加される可能性はあるとみられる。

バイナンスブランドで、国別の法定通貨による取引サービスとして「Binance Australia」は7つ目となる。これまで、シンガポール、韓国、ウガンダ、ジャージー、アメリカ、イギリスにもサービスを展開してきた。

オーストラリアはブロックチェーン技術に積極的に取り組んでいる国だ。安全かつ規制に準じた新サービスを提供することで、より多くのオーストラリア利用者にリーチできるよう努めている。

バイナンスはこれまで法定通貨からのアクセスルートを増やしている。現在Visaカードを使用して直接仮想通貨を購入できるサービスは180ヶ国以上で利用可能で、BTC、ETH、BNB、XRP、BUSD、USDTの6銘柄への購入ができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用