ネムの提携企業、Symbol活用で不正SIMスワップを防ぐソリューション提供へ

仮想通貨の盗難を防ぐ

SIMスワップ攻撃により盗まれた仮想通貨の総額は、米国で2018年、19年において計5500億円に上ると推定されるという。

本人のSIMカードを何らかの形で乗っ取り、電話番号と紐づけられたサービスから資産を盗むこの攻撃方法だが、海外では仮想通貨に限定されない被害も多発し、問題視されている。

電話番号はいまや、様々なサービスの2段階認証に使われている。例えば仮想通貨ウォレットと電話番号を紐づけると、ウォレットから出金する際などに、電話番号あてに送られた認証コードを出金画面などで入力する必要がある。

逆に言えば、SIMを紛失したなどと電話会社に嘘をついて、ターゲットの電話番号を引き継いだ新たなSIMを入手出来れば、電話番号で認証するあらゆるサービスでターゲットの資産を自由に移動させることも出来るようになる。

このSIMスワップ攻撃を防ぐため、NEMと提携するFIX Networkは、次世代のSymbolブロックチェーンを活用したセキュリティソリューションを提供する。これによってユーザーはSIMカード上で秘密鍵とトランザクションを安全に保つことが可能になるという。

また、FIX Networkの提供するソリューションは、そのセキュリティポリシーが柔軟性を持ち、デジタルアセットがどのように管理されるかを設定することも出来る。これによって特定の状況でしかアセットを移動させることが出来ないように条件を設定するといったことも可能になる。

FIX Networkの最初のプロダクトであるFIX IDは、アプリから利用できるデジタルIDとして一般ユーザーに提供され、SIMスワップ攻撃などの防止に有効だとしている。また、FIX IDは、現在のところまだブロックチェーンベースではないものの、今後Symbolに統合される予定だという。

FIX NetworkとNEMの提携自体は、今年の3月に発表されたが、その具体的な提携詳細が今回の説明でより明らかになった。

参考:Nem


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用