米国でライトコイン(LTC)専用のVisaカード誕生

LTC利用のデビットカードが誕生

デビットカードを提供するBlockCardは、初となるライトコイン(LTC)のネイティブVisaデビットカードをリリースした。

このカードは、仮想通貨のままでの保有を可能にするもので、BTCやETHといった仮想通貨をデポジットすると、即座にライトコインへと両替され、保管される。また、ライトコインから法定通貨への両替も可能で、ライトコインの売却や商品の購入などにも利用できるという。

同カードは現在、以下の12銘柄をサポートしている。

  • BAT
  • BTC
  • BCH
  • DAI
  • ETH
  • LTC
  • PAX
  • XLM
  • TERN
  • USDT
  • TUSD
  • USDC
  • XRP

このデビットカードが利用可能な国は、現時点では米国のみで、今後、ヨーロッパ圏内の31カ国にサービスを展開する予定とのことだ。

ライトコイン創設者Charlie Leeによれば、以前にも決済企業LitePayとライトコインのデビットカードのローンチを試みたものの、LitePayが廃業したことで計画は失敗に終わっており、今回で二度目の挑戦だったことを明かしている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します