仮想通貨リスク(Lisk)が前日比30%高と急騰、QTUMは前日比50%高

リスク(Lisk)が急騰

暗号資産(仮想通貨)市場でリスク(Lisk)が急騰。前日比30%高の214円を記録した。

LSK/BTC建チャートでは長期レジスタンスラインをブレイクし、サポート転換していることが確認されており、テクニカル的にも投資家心理を後押ししているものと思われる。

出典:Tradingview「Lisk/BTC(Binance)」

関連:仮想通貨リスク(LSK)とは?ロードマップから今後の将来性を解説|Lisk Japan寄稿

AMA開催

21日日本時間23時にLisk社リサーチサイエンティストMaxime Gagnebin氏がホストとなり、AMA(Ask Me Anything:なんでも聞いて)を行うことがわかっている。AMAは株式市場における株主総会に近い性質を持ち、仮想通貨の開発関係者がユーザーやホルダーの質問に答える場を設けるものとなる。

今回のAMAでは、開発者がLiskブロックチェーンをより容易に利用できるようにサポートする開発モジュール「Lisk Codec」について解説する予定とのことだ。

関連:

Lisk CEO Max氏に独占インタビュー/価格やリブランティングについて(*2017年当時)

QTUMも高騰

また、1週間に渡って好調なQTUMも21日の仮想通貨市場で独歩高を記録。一時581円の高値を記録した。急ピッチな高騰から利確売りも先行し、価格が乱高下している。

QTUMは、8月28日にメインネットV0.19.1のアップグレードを予定。実行ブロック#680,000到達時にハードフォークが実行される。

アップグレードでは、QIP25の実装によるオフラインステーキングの稼働が可能になる。これまでのQTUMでステーキングを行う際に、ノードを立てる必要があったが、バリデートが可能になるのが特徴だ。

QTUMチャート

なお、17-18年バブルで高騰したQTUMマーケットは依然、最高値からはマイナス95%の水準にあり、底値帯での取引となっている。大型アップグレードを機に、プロジェクトの活動をみた買いが強まっている。

プロジェクト等の重要予定については、CoinPostのアプリから配信も行なっています。

CoinPost、仮想通貨の経済指標搭載アプリをリリース
仮想通貨メディアCoinPostは26日、仮想通貨の経済指標搭載アプリをリリースした。仮想通貨の投資判断に役立つ、国内外の注目ニュース・チャート・今後の重要ファンダ情報一覧を、スマホアプリのプッシュ通知を利用して最速でチェックできる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します