ブラジル、中央銀行がデジタル通貨発行で作業部会 CBDCを検討へ

ブラジルでCBDC検討へ

ブラジル中央銀行が、中央銀行発行デジタル通貨(CBDC)を検討するワーキンググループを結成したことが判明した。

グループは12名のメンバーからなるチームで、CBDCの発行について評価検討を行い、ブラジル経済にふさわしい発行モデルの提案も行う。最終的なレポートは、180日後にブラジル中央銀行の担当者に提出される予定だ。

ワーキンググループはデジタル通貨の最終的な発行モデルの提案をするにあたって、サイバーセキュリティ、データ保護、規制コンプライアンスや、CBDCが金融包摂や金融安定性、また通貨政策などに及ぼす影響など、そのリスクを特定するとしている。

ブラジル中央銀行は、CBDCはビットコインなど民間の仮想通貨とは異なり、国家的な保証があるもので、発行国の金融政策の一部であるとして、プレスリリースで以下のように説明している。

この新しい形の通貨は、国家金融システムに大きな変化をもたらす可能性がある。

これから行う調査では、CBDCが有する、その社会の福祉を向上させたり金融市民権を保護するなどの潜在的なメリットを、この新たな決済方法に内在するリスクと比較する。

高速決済システム「Pix」との連携も検討

また、11月に稼働開始する予定の即時支払いシステム「Pix」について、CBDCがどのように補完的なメリットを齎すかについても評価する見込みだ。

「Pix」は、ブラジル中央銀行がローンチする中央集権的な決済インフラで、QRコードや、電話番号、メールアドレス、また本人確認情報のような簡単なデータを入力するだけでも利用できる。24時間年中無休(27/4)で即時決済可能で、仮想通貨トランザクションにも対応するとしている。

同行総裁は「PIXは仮想通貨やその他の暗号化された資産が持つ特徴への需要から生まれたものだ」と言及。中央銀行にライセンス登録されている金融機関は必ずPIXを利用することになり、アクティブユーザーは50万を超えると試算した。

急成長する市場で、自主規制基準も誕生

ブラジルでは、仮想通貨市場は急成長している。

世界の法定通貨建てにおけるビットコイン(BTC)の価格は2020年以降上昇傾向であるが、経済状況や法定通貨価値の変動などを背景に、ブラジルの通貨レアル建ての取引額が、世界のマーケットより高い水準で推移している。

関連:「トップはブラジル」法定通貨建てビットコイン価格、2020年は世界各国で上昇

ブラジルではまだ仮想通貨関連の規制法案が明確に定まっていない状況だが、国の規制に先駆けて、仮想通貨業界団体「Abcripto」は、そのメンバー企業が遵守しなければならない運用慣行とコンプライアンス基準をまとめ、署名式を行った。

仮想通貨のカストディ、取引所などを提供する企業は、そのプラットフォームで犯罪とマネーロンダリングを防止するための対策を組み込む必要があるとしたもので、顧客の身元確認ルールを要件として、ブラジルの仮想通貨市場を世界標準に合わせるという。

この自主規制に署名した仮想通貨関連会社には、Foxbit、Ripio、Bitcoin Market、Novadaxなどがあり、ブラジルの仮想通貨取引量の最大80%を占めると推算される。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します