コインチェック、dAppsゲームキャラなどを売買できるNFTマーケットプレイスの提供を検討

暗号資産(仮想通貨)取引所を展開するコインチェックは27日、dAppsゲーム等のキャラクターなどをトークン化したNFTを取引できる「NFTマーケットプレイス」の事業立ち上げを検討するとの発表を行なった。

2020年度内のサービス提供開始を目指し、本日より「NFTマーケットプレイス」への参加企業の募集を開始する。

ブロックチェーン上に記録され、固有の値や情報を持った非代替性の権利証を示すNFTは、ブロックチェーン(dApps)ゲーム等で幅広く流通し、セカンダリー取引も盛んに行われてきた。

コインチェックは、日本の暗号資産取引サービス「Coincheck」上にNFTの取引環境を整えることで、NFT専用のウォレットを通じた秘密鍵の管理を必要としないNFT取引環境を、日本のユーザー向けにも提供することを目指すとしている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します