「100日間で1000億円の買い」グレースケールのビットコイン投資信託、2Qで過去最高記録更新

4月から需要増加か

米大手仮想通貨(暗号資産)ファンド「グレースケール」が提供するビットコインの投資信託(GBTC)が、8月27日までの100日間で78,354BTC(1000億円相当)を購入したことを示すデータが公開された。

海外大手掲示板Redditで公開したのが以下の表。GBTCで購入されるBTCの量を期間ごとに蓄積している。8月27時点の数量から100日前の5月17日までを差し引いて金額を算出している。

出典:Reddit

グレースケールの投資信託に対する需要の高まりは、以前から明らかになっている。特に20年Q2(4月から6月)は、投信全体の資金流入額が過去最高の9億580万ドル(約1000億円)を記録。前回最高値だった20年Q1の流入額の約2倍増となった。機関投資家からの資本流入が8割を超えている。

関連BTC投資信託に巨額の資本流入、背景に「退職金アカウント」の存在も

またGBTCについては先月、投資額(米ドル)が20年上半期に約90%増加したことが分かった。機関投資家からの需要の高まりだけでなく、BTC価格の上昇も後押しした。この時BTCの数量がQ2で約38.7万BTCまで増加したことが米証券取引委員会(SEC)に提出した書類から明らかになっており、Redditとの表とも概ね一致している。また8月にはグレースケールのCMを全米で放映開始した。

関連GBTC、投資額が20年上期に約90%増加=グレースケール

上記のRedditユーザーは今年4月からGBTCの購入量の増加が加速していると指摘。直近100日間で1日におよそ783BTCを購入している計算になり、これは新たに発行されるBTCの約85%(783BTC/900BTC)に相当すると説明している。5月の半減期前でも10分につき6.25BTC発行されるとする計算だ。

グレースケールの取り組み

グレースケールはCM放映だけでなく、仮想通貨投信についても取り組みを活発化している。

先月にはビットコインキャッシュ(BCH)とライトコイン(LTC)の投資信託が、米証券預託機関(DTC)の認可を取得したことを発表。すでに上場商品として提供している金融商品はGBTC以外に、イーサリアム投資信託(ETHE)、イーサリアムクラシック投資信託(ETCG)、バスケット型の金融商品「Digital Large Cap Fund」の4種類で、BCHとLTCの投信がそれに続く。

7月31日時点のグレースケール全体の運用額は、52億ドル相当(約5500億円)に上る。

関連BCHとLTCの仮想通貨投資信託、米証券預託機関が認可

参考資料 : Reddit


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します