楽天ウォレットが投資家優先のサービス梃入れ、仮想通貨レバレッジ取引キャンペーンも実施中

証拠金取引サービスの認知拡大へ

楽天グループが運営する国内大手暗号資産(仮想通貨)取引所「楽天ウォレット」では、ビットコイン(BTC)のレバレッジ取引関連サービスのテコ入れを図り、各種キャンペーンを展開している。

楽天ウォレットは、サービスの利便性向上のため、

  • 入出金に対応する金融機関の拡大
  • 口座開設の効率化
  • 金融資産の条件緩和

を実施。

証拠金取引サービスのキャンペーン等については、

  • 証拠金取引口座の新規開設キャンペーン
  • 建玉管理料無料無料キャンペーン
  • 証拠金取引でのスプレッド縮小

を同時に実施している。

入出金対応の銀行を拡大

楽天ウォレットでは、ユーザーの利便性を向上させるための取り組みを行ってきており、先月26日から、入出金に利用できる金融機関が拡大された。

これまでは楽天銀行を開設していないと日本円の入金は出来なかったが、現在では「らくらく本人確認」を経由して口座開設を行うことで、他の金融機関からの入金も可能となる。なお、楽天銀行の口座をすでに持っている場合、暗号資産口座の開設における本人確認手続きは不要となる。

また、現物取引口座と証拠金取引口座の同時開設も可能になった。

従来では、現物取引口座の開設後に証拠金取引口座の開設手続きを行う必要があったが、開設を同時に行えることで、手続きの手間が簡略化された。

さらに、口座開設時の「金融資産の条件」も合わせて緩和された。従来は、金融資産が100万円以上であることが口座開設条件となっていたが、緩和後は、金融資産が10万円以上あれば口座を開設できるようになっており、金融資産の少ない投資初心者や若年層にも嬉しい改善点となっている。

開催中の証拠金取引サービス関連のキャンペーンなど

・証拠金取引口座の新規開設キャンペーン

証拠金(レバレッジ)取引の新規デビューキャンペーンでは証拠金取引口座を開設、取引を行うことで楽天ポイントが最大500ポイント獲得できる。

具体的な手順はキャンペーンへのエントリー、口座開設、取引の3段階となっており、200万円以上を取引することで、最大で計500ポイントがもらえる。

キャンペーン期間は、2020年11月1日まで。

・建玉管理料無料キャンペーン

証拠金取引サービスでは、建玉管理料の無料キャンペーンを実施している。

建玉管理料は、約定後の未決済のポジションを翌取引日まで保有する際に係る手数料のこと。管理料が無料になることで、ポジションを日をまたいで持つ際に、有利にトレードを行うことが可能になってくる。

キャンペーン期間は、2020年10月1日まで。

・証拠金取引でのスプレッド縮小

また、証拠金取引では、ビットコインのスプレッドの縮小還元が実施され、好評を博している。

為替FXを含めた証拠金取引では、一般に売値と買値で二つの価格が提供されている。

スプレッドとは、この売りと買いの価格差のことをいい、スプレッドが狭い(価格差が無い)ほど差益を得やすく、取引には有利になる。

なお、スプレッドはスマートフォンアプリ「RakutenWallet Pro」をダウンロードするだけで常時簡単に確認できる。

上記は、楽天ウォレットの公式ツイッターアカウントが配信している実際のレバレッジ(証拠金)取引の価格情報。

2020年9月8日12時時点のビットコインのスプレッドは「468円」に留まるなど極めて良心的な水準だ。楽天ウォレットでのビットコイン/日本円の直近のスプレッドは、300円〜600円ほどで推移している。

現物取引では楽天ポイントでも暗号資産投資可能

楽天ウォレットならではのメリットとしては、「楽天ポイント」を暗号資産に交換して現物取引可能(証拠金取引は不可)なことが挙げられる。

楽天ポイントとは、楽天市場に代表される楽天の関連サービスを利用することで獲得できるポイントのこと。1ポイント=1円換算で、楽天経済圏の多種多様なサービスで使用することができるが、楽天ウォレットでは、この楽天ポイントを暗号資産に交換できるため、現金投資よりも気軽に暗号資産投資を始めることができる。

暗号資産へのポイント交換は最低100ポイントからとなっており、少額からの交換が可能だ。

セキュリティ・資産保全の取り組み

金融機関をグループに抱え、金融インフラやノウハウを共有する楽天ウォレットは、ユーザー保有分の暗号資産をインターネット環境から切り離した安全なコールドウォレットで保管した上、ウォレットの管理等はセコムのグループ会社と提携して行っている。

また、楽天ウォレットはユーザーが預託した金銭を会社の自己資金とは分離し、楽天信託株式会社の信託口座で管理している。そのため、楽天ウォレットが万が一破綻したとしても、資産は受益者代理人である外部の弁護士を通じて直接変換される仕組みになっており、管理方法や破綻時の手続きまでもが開示されている透明性の観点からも高い評価を受けている。

詳細情報

公式サイト:Rakuten Wallet

公式ツイッター:楽天ウォレット


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します