ビットコイン11000ドル回復、イーサリアム関連のDeFi市場は再び活性化

世界経済と仮想通貨市場

注目された米連邦公開市場委員会(FOMC)は、新型コロナウイルス感染拡大の影響による米経済支援のため、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標レンジを0-0.25%で据え置くことを決定。「少なくとも、2023年までゼロ金利が続く」との見通しを示した。

パウエル議長は、「景気回復は大方の予想よりも速いペースで進んでいる」と評価しつつ、ゼロ金利の解除検討条件として、一時的にインフレ率2%を上回る軌道に乗ることを挙げた。新型コロナ対策を念頭に、大規模緩和を当面維持する方針を明確にした格好だ。

Coin Metricsのデータによれば、世界基軸通貨である米ドルの弱まりに対して上昇を見せるゴールド(金)価格と、暗号資産(仮想通貨)ビットコインの60日相関指数が、初めて「0.5」水準を上回った。正の相関を強めている。

Coin Metrics

米最大手仮想通貨取引所コインベースは、ビットコインについて「過去10年間、国際経済の不確実性の高まりの中で大幅に上昇した。」と指摘。半減期を経て、供給量が年間1.7%に減少したことでデジタル・ゴールドとしての性質が強まると言及している。「価値の保存手段」として、安全資産とされる金同様、米ドルなど法定通貨のインフレヘッジの一環でポートフォリオを組成する傾向が強まっているものと思われる。

17日のBTC(ビットコイン)価格は、急落前の水準である11100ドル(116万円)台まで回復した。

三尊ネックラインで売り圧力の強まるレジスタンスラインであり、この辺りをブレイクして12,000ドルの高値更新を目指すか、再び9,000ドル台を目指して反落するかは、今後数週間のトレンドを占う試金石となりそうだ。

関連:仮想通貨ビットコイン市場でも使える、覚えるべきチャートパターン3選|逆三尊、二番底、三角保ち合い

UniswapのUNIが材料視

Uniswapは、独自ガバナンストークン「UNI」をローンチした。

10億トークンが発行されており、今後4年間に渡る「権利確定」スケジュールで利用可能になる。Uniswapコミュニティメンバーに60%、チームメンバーに21.51%、投資家に17.8%、アドバイザーに0.069%が割り当てられる。

  • 600,000,000 UNIがコミュニティメンバーへ
  • 215,101,000 UNIが4年間のロックアップでチームへ
  • 178,000,000 UNIが4年間のロックアップでUniswapの投資家へ
  • 6,899,000 UNIが4年間のロックアップでUniswapのアドバイザーへ

Uniswapは9月18日、USDT、USDC、DAI、およびwBTCプールを対象とした流動性マイニングプログラムを開始。最大手仮想通貨取引所バイナンスは、UNIトークンの新規上場を発表した。

上場時間は、日本時間17日12時で、取引ペアは、UNI/BTC、UNI/BNB、UNI/BUSD、UNI/USDTの4つとなる。詳細は、以下のページで解説している。



関連:DeFi大手Uniswap、独自のガバナンストークン「UNI」を発表 バイナンスの新規上場も

これが材料視され、FTXのDEFI-PERPが前日比2.5%高の2400ドル台を回復。関連銘柄のETH(イーサリアム)価格も上昇した。

DEFI-PERP

短期的な過熱感から一過性のバブルが警戒されるDeFi(分散型金融)市場であるが、バイナンスやFTXなどの主力取引所を筆頭にDeFi関連銘柄の上場や関連サービスが相次いでローンチ、アップデートされており、すぐに終息するとは考えにくい状況にある。

ロックアップされた暗号資産(仮想通貨)は100億ドル相当に及ぶなど急増加しているが、2年前はわずか数億ドルに過ぎなかった。

急速に高まるDeFi(分散型金融)人気を受け、Uniswap、Curve、Balancerなどの新興分散型取引所(DEX)の取引量は、過去数ヶ月間で急上昇。8月の取引量は110億ドルを超えた。

DEX出来高推移

いわゆる「流動性マイニング」需要が背景にある。これは、プールに流動性を提供するようユーザーにインセンティブを与えるものが、トレーダーの投資意欲を喚起している。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します