キューバのYouTuberがビットコイン啓蒙活動、コロナ禍で仮想通貨の注目進む

キューバのYouTuberがビットコイン啓蒙活動

キューバ在住のYouTuber「エーリッヒ・ガルシア・クルス」が、金融へのアクセスが不自由な同国で、「ビットコインが便利に使える」として人々に知らせている。

キューバ政府は、インターネットへのアクセスを制限している。米国の経済制裁を受けているため、国際決済システムから排除されており、人々はクレジットカードやデビットカードを持つことが出来ない。

クルスによれば、キューバではハイテク製品市場は国によって管理されており、販売も国営店舗に限られている。

ハイテク製品が到着するのは、米国から商品を商用便で持ってきた時のみに留まり、これらの製品は非公式ネットワークを通じて販売されており、クルスもYouTubeで必要な機材をそうした場所で購入しているという。

また最近では、新型コロナウイルスの影響により商業便の運航も停止しており、こうした市場も現在は低迷していると話した。

クルスは、こうした状況で、キューバ人が世界経済にアクセスするための手段としてビットコインが役立つとして、YouTubeで仮想通貨についての知識や購入方法を発信している。

オンラインショッピングなどで仮想通貨を利用

クルスによると、キューバ人は、海外で仮想通貨を購入した親戚などを介して入手する必要がある。

キューバ在住の本人に代わってビットコインを売買できる知り合いが海外にいない場合、WhatsApp、テレグラムなどのSNS、またWebプラットフォームのグループを利用することで売り手を見つけやすくなるという。

ロイターの報道によると、金融アクセスが制限されているキューバ人は、昨年9月時点で投資のために仮想通貨を購入するようになっていた。

キューバの人々が仮想通貨に関する議論や取引を行うテレグラム上のチャンネル「キューバクリプト」の開設者は、キューバの仮想通貨利用者は昨年時点で約1万人と推定していた。

クルスは、ビットコインを使うのはプログラマーや技術分野で働く人々が多いものの、YouTubeなどのコンテンツ作成者も、今後数年間の金融セキュリティを確保するための手段としてビットコインに注目、利用を始めていると明かす。

仮想通貨のギフトカードを提供するサービス「Bitrefill」を利用するキューバ人も多いという。

キューバ発のP2Pビットコイン取引所開設も

キューバでは今年4月にP2Pビットコイン取引所「Qbita Exchange」も立ち上げられている。

キューバでは仮想通貨取引を行うことは違法ではないが、規制が整備されておらず、P2P取引所の開設は同国初となった。

国際的に利用される大手P2P取引所には、PaxfulやLocalBitcoinsがあるが、キューバでそれらを利用するのは難しい。Paxfulはキューバを積極的にブロックしようとしており、LocalBitcoinsは本人確認の手続き(KYC)を求めてくる。

こうした問題を解決するため、キューバ国民が便利に利用できるよう「Qbita Exchange」をローンチしたと創設者は説明した。

取引所開設から1週間でダウンロード数は1100に達したという。

関連:キューバ初、ビットコインP2P取引所が誕生 仮想通貨の利用拡大へ


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します