YoutubeやTwitterなどで不正行為|仮想通貨詐欺の判例が注目される

仮想通貨詐欺の判例がどうなるか注目を集める
連邦取引委員会(FTC)が、世界で約3万人の被害者を生み出したとされる2つの企業に対して、仮想通貨詐欺を行なったとして訴訟を起こしました。この行為は、よくある仮想通貨詐欺計画を未然に防ごうとする、FTCの意思を主張しています。

仮想通貨詐欺の取り締まり強化

連邦取引委員会の主な焦点は、消費者を保護し、激しい競争市場を作る法的スキームを強制することにあります。

今までも、怪しいプロジェクトなど明らかな詐欺が多く見られたことから、同組織は仮想通貨業界に目を付け始めました。

これらの計画の多くは、非現実的な法外な報酬をチラつかせていますが、その収入構造はより多くのユーザーをプラットフォームで募ることに頼っています。

ワシントン・ポストによると、FTCは仮想通貨を使った「マルチ商法」詐欺に標的を定めています。

最近で最も悪名高い仮想通貨詐欺は、2018年1月に事実上の破綻となった「Bitconnect」が挙げられます。

今回の訴訟により、Bitconnectが取り調べを受けることはありませんが、この事件でユーザーは数十万ドル(約数千万円)を失った計算になります。

およそ320ドル(約3.4万円)だったBitconnectコインの価値は、数分のうちに80%下落、本日の価格は1.62ドル(約172円)となりました。

常識はずれのリターンを提示

FTC(連邦取引委員会)は、これらの不法行為が世界中で3万人近い消費者に影響を及ぼしたと主張

計画に加担した人物には、すでに法的処置が講じられており、フロリダ州の連邦裁判所は、4人の男性に対して「事業停止命令」を下しました。

訴訟によると、男4人は人気ソーシャルメディアプラットフォーム(YoutubeやTwitterなど)上で、仮想通貨詐欺を働いていたようです。

ビットコインファンディングチーム(Bitcoin Funding Team)およびMy7Networkは、消費者に対してわずか数百ドル(約数万円)の投資で毎月8万ドル(約847万円)の収入を得ることができる、などと非現実的なリターンを約束しており、ポンジスキームの可能性があるとして政府の監視下に置かれています。

政府および大手企業は、仮想通貨詐欺の波を、なんとか食い止めようと躍起になっています。

今週初め、世界的企業のGoogleはFacebookの自主規制を追従するように、広告プラットフォーム上でのビットコインおよび他の仮想通貨関係の広告を禁じる措置を発表しました。

ビットコインの技術は世界を変革する可能性をも秘めていますが、現時点では投機的側面が強く、一攫千金を目論む人々を引きつけています。

CoinPostの関連記事

Google公式:6月からICO含む仮想通貨に関する広告を禁止すると発表
2018年6月よりICO含む仮想通貨関連の広告禁止の規約が施工されることとなりました。Facebook社は1月末に仮想通貨の中でも特にICOに関する広告禁止を発表していたため、Googleも後を追うのではと以前より危惧されていた内容が実現した形になります。

FEDERAL TRADE COMMISSION FILES LAWSUIT, TARGETS ‘DECEPTIVE CRYPTOCURRENCY SCHEMES’

Mar. 18, 2018 by Matthew Hrones

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加