Genesis Trading社:ビットコイン貸付けサービスによる新規顧客大量流入

ビットコイン貸付サービスは今後も注目度を高める?
Genesis Capitalは、ビットコインだけでなく、様々な仮想通貨(イーサリアム、ビットコインキャッシュ)で10万ドル以上の貸付けをしています。世界中で貸付事業の需要は増え続けていますが、今後どうなるかは未だ予想出来ません。

ビットコイン取引きを扱う会社には、2017年に新規顧客の流入がありました。

2018年も顧客の数は増え続けるでしょう。

しかしながら、Genesis Trading社への新規顧客の流入は、異なる理由によるものでした。

後になって振り返ってみると、ビットコインの貸付けサービスを導入する決定が、極めて賢明であったことが分かります。

以下で、その経緯について説明していきましょう。

仮想通貨貸付けサービスとは

その名の通り、顧客に仮想通貨を貸付け、その利子で儲けを出すビジネスです。

仮想通貨関連の貸付けサービスは非常に注目度の高いサービスです。

仮想通貨は現状世界的に人気で、こういった金融サービスとして対象にされることは今後も増え続けるでしょう。

Genesis Trading社とは

Genesis Trading社は、特にグローバルな貸出目的で、多くのメリットを見出しています。

当初、Genesis Trading社は仮想通貨取引の世界でその名を広めました。

ビットコイン関連の貸付サービスに注力するため、Genesis Capitalという子会社を立ち上げたとき、世界中の顧客からの関心が集まり、同社は1億ドル近くの融資を受けました

これは主に、仮想通貨取引の世界でのGenesis Capitalの堅実な評判に起因しています。

現在のところ、仮想通貨貸付けの需要は高いようですが、信頼できるサービスを提供する会社はごくわずかです。

BTCJamが世界に問題提起した

ビットコイン貸出しの世界で足跡を残した会社の1つにBTCJamがありました。

しかし残念ながら、同社は顧客の貸付けを返済させるための適切な法的措置を強制しないため、幾ばくかの悪い評判を得てしましました。

ほとんどの問題は最終的には解決されましたが、ビットコイン関連の貸付けを発行する際には、まだいくつかの問題が残っていることを世界に示唆しました。

Genesis Capital社が他社と違う点

Genesis Capitalが他社と異なっているのは、様々な仮想通貨で10万ドル以上の貸付けをしていることです。

ビットコイン自体に集中するのではなく、EthereumとBitcoin Cashにも注力しています。

同社の顧客には、BlockTower CapitalやDV Chainなどの有名な会社が含まれています。

世界中で仮想通貨貸付けの需要が増えていることは明らかですが、Genesis Capitalがどのように運営されるかはまだ分かりません。

そのほかの利用方法

人々はお金を借りる以外の理由でもこのサービスを利用することができます。

例えば、ビットコインをBTC、ETH、BCHなどにショートするために、借用することを検討している会社もあります

もちろん、このように潜在的に強力なサービスの優れた使用方法であるかどうかは議論の余地があります。

結局、誰もビットコイン貸付け産業がどうなるか分かりません。

仮想通貨貸付け業界の将来

近い将来仮想通貨市場のポジティブな盛り上がりが起こるかどうかは、現時点では把握するのが難しいです。

どのような理由であれ仮想通貨に関わるすることは常に挑戦的な選択ですが、仮想通貨貸付け業界の長期的な結果は、かなりの時間が経過した後に明らかになるのかもしれません。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加