「リスクのフォージング報酬半減」今週の注目ファンダとビットコイン採掘速度

クリプト指標と注目ファンダ

今週・来週の注目ファンダとビットコイン(BTC)のハッシュレート推移、難易度調整予想、クリプト指標について解説します。

Symbolテストネット開始

仮想通貨リスク、フォージング報酬半減

2020年09月28日、13,451,520ブロック到達時点で2LSKから1LSKへフォージング報酬の減少が行われました。これはLiskブロックチェーン最後の報酬減期となります。 過去、4度の報酬減期を迎えたLiskブロックチェーンであるが、今回で最後の報酬減期を迎えました。約1年毎(3,000,000ブロック毎)に減額されてきたフォージング報酬の推移は、ビットコインの半減期などと異なり、半減期(報酬が半減)ではなく、1LSKごと減少する仕組みとなっています。 Liskは世界で最も一般的に使用されているプログラミング言語 “JavaScript” を開発言語とする、Max KordekとOliver Beddowsにより開発されたブロックチェーンアプリケーションプラットフォームです。 LSKの国内取り扱い状況については、コインチェック及びビットフライヤーにて購入することができ、コインチェックでは2020年01月09日にステーキングサービスの提供も発表しています。

直近のクリプト指標

BTCハッシュレート推移

09月20日〜09月26日

先週のBTCハッシュレートの最低値は09月25日の133.8TH/s(前週比98.9%)、最高値は09月20日の140.5TH/s(前週比98.1%)でした。

BTCハッシュレート

一方でBTC価格の最低値は09月24日の約107万円(前週比100%)、最高値は09月21日の約116万円(前週比100%)でした。

先週のハッシュレートは、過去最高値である143.1TH/sから一時下降を見せたものの、BTC価格はレンジ相場に突入しており、安定的な価格で推移しています。

BTCチャート

重要ファンダ情報などのクリプト指標カレンダーは、CoinPostアプリ(iOS)、TAOTAOアプリ(iOS/Andorid版)で好評配信中。

関連:クリプト指標導入「CoinPostアプリ」の使い方をトレーダー目線で解説|寄稿:Bit仙人


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します