トランプ大統領の健康状態と連動するトークン登場

トランプ大統領の健康状態をトークン化

新型コロナウイルスへ感染したことを発表し、入院中のドナルド・トランプ大統領。これを受けて「Donald Trump Health Token(ドナルド・トランプ・ヘルストークン)」なる暗号資産(仮想通貨)が登場したことがわかった。

人気分散型取引所(DEX)Uniswapに現れた。

トランプ大統領の健康について、市場が前向きな認識を持っているときに上昇し、反対の場合には下降する指標であると考えられる。

トランプコイン

このトークンは数時間で0.957ドルから0.954ドルに下落した後、大統領がツイッターで「気分が良い」と呟いた後に再上昇するなどの動きを見せていたが、現在は、0.974ドルまで上昇した。

大統領は4日に入院先のウォルター・リード米軍医療センターを一時的に抜け出して、集まる支持者の前を車で通過するというサプライズを行っており、また同日の記者会見で医師団は「今日のように容体が良好であれば、5日にも退院しホワイトハウスで治療を続けられる」と発表。

一方で、投与された薬や酸素吸入を認めたことなどから、会見の発表より深刻ではないかと訝る意見もあり、市場関係者に注視されている。

同トークンの流動性はほぼゼロであり、現時点では余興に過ぎない。大統領の身に万が一のことが起きた場合、「不謹慎」だと批判対象になるおそれもある。

米大統領選を予測する先物商品も

トランプ大統領に関するトークンは過去にも例がある。

暗号資産(仮想通貨)デリバティブ取引所FTXでは、米大統領選の結果予測を先物商品にした「TRUMP-2020(TRUMP)」を提供する。

トランプ大統領が再選すれば1契約につき1ドル、他の候補者が当選すれば0ドルになるという仕組みだ。

1契約の価格は、トランプ大統領が再選する可能性に連動しており、例えば再選確率が50%だと予想した場合には、0.50ドルでの取引になる。

FTXでは、他の先物取引と同様に取り扱われ、トランプ大統領の再選の可能性を予測し、ロングかショートを選択できるが、やはり流動性は低い。

トークンは大統領のCOVID-19感染が報じられた後、罹患したことで選挙活動に不利だとして急落したが、現在は値を戻しつつある。

関連:トランプ容体を注視する世界金融市場、SWELL思惑でXRP(リップル)上昇

様々な指標をトークン化

FTXでは、これまでにも様々な指標がトークン化されている。

今年4月には、ビットコインの価格ボラティリティ(いわゆる恐怖指数)に連動する2つの新しいトークンの発行が発表された。

新トークン「BVIX」と「iBVIX」はそれぞれロング、ショートポジションとなっており、ビットコインの値動きの幅に基づいている。

インプライド・ボラティリティ(予想変動率)の取引をユーザーに簡単かつ流動性をもって提供することがこのトークンを作成した理由だとFTXのCEOは語っている。

関連:ビットコインボラティリティが投資対象に FTX、仮想通貨版恐怖指数を公開


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します