CoinPostで今最も読まれています

「新たなユースケースを」StakeHoundとの提携で仮想通貨ネム(XEM)をDeFiで活用 

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

新たなユースケース誕生へ

ステーキングとDeFi(分散型金融)のプラットフォーム「StakeHound」とのパートナーシップによって、暗号資産(仮想通貨)ネム(XEM)に新たなユースケースが誕生することが分かった。

StakeHound上でXEMをステーキングして報酬を得ることができる。またXEMをステーキングすることで、イーサリアム上で発行されるERC20トークン「stakedXEM」を受け取り、それを担保にしてローンを利用するなど、DeFiのサービスでも活用できるようにする。

ステーキングは、11月中旬に開始予定。

それまでに詳細な情報を提供するとしており、今回のパートナーシップがコミュニティにとってどのような意味を持つのか、どのように収益を得るかについて、さらに詳しく説明を行うという。10月22日にはNEMグループとStakeHoundが合同でAMA(Ask Me Anything:なんでも聞いて)を開催する予定だ。

「#NEMStakehoundAMA」のハッシュタグで、ツイッター上で質問を募集している。

XEMをステークして発行されるトークンはDeFiにおいて、ローンの担保に利用する以外に、流動性を提供することで収益を得ることもできるという。

今回の発表に際し、StakeHoundのCEOは以下のように述べた。

 

ネムは革新的なPoIやPoS+で、コンセンサスアルゴリズムの設計において常に最先端にいる。

StakeHoundと共にステーキングサービスを提供することで、ネットワークのセキュリティを高めながら、需要が高いDeFiのエコシステムにおいても最先端にいつづけることができるだろう。

またNEMグループの最高財務責任者(CFO)Iain Wilsonは、新ブロックチェーン「Symbol」で相互運用性が向上すれば、DeFiでの活用を広げることができるようになると説明している。

StakeHoundのプラットフォーム

StakeHoundのホームページを見ると、XEMのステーキングについては近日中にローンチと書かれているが、テストを行っている模様だ。

ステーキング報酬の利率は4.5%と記され、ステーキングされているXEMの量が米ドルで書かれている。テストでも実際に報酬が得られるかなど詳細は不明だ。

出典:StakeHound

ステーキングは最低数量が決められておらず、いつでも償還が可能。StakeHoundにXEM送金して、ERC20トークンを受け取ると残高が自動的に反映し、イーサリアム基盤のDeFiでトレードやレンディングに即座に利用できると説明している。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
03/22 水曜日
15:56
BNB Chainのメタバース「Oasis Origin」、OpenAI「GPT4」採用へ
メタバースソーシャルアプリ「Oasis」は、BNB ChainでWeb3版「Oasis Origin」をリリースした。同製品は米OpenAI社の言語モデル「GPT4」を活用するロードマップで注目を集めている。
14:56
「ステーキングサービスを証券認定から除外すべき理由」米コインベースがSECに請願書提出 
米大手仮想通貨取引所コインベースは20日、証券取引委員会に対し、ステーキングサービスの証券法上の取り扱いに焦点を当てた意見書を提出。明確なガイドラインを示すことなく、執行により政策的立場を表明するSECの姿勢を強く批判した。
12:09
Magic Eden、「Ordinals」のサポートを開始
クロスチェーンNFT電子市場Magic Edenは、ビットコイン・ブロックチェーン版のNFT(非代替性トークン)である「Ordinals」の取引市場をオープンした。ユーザーエクスペリエンスが改善され、Ordinalsの一般ユーザーへの普及に期待がかかる。
12:07
Bitrue、Arbitrum(ARB)上場予定
仮想通貨取引所Bitrueは、イーサリアムのL2「Arbitrum」の新規上場計画を発表した。同社は取扱い開始を記念して独自にARBトークンのエアドロップを実施予定。賞金として総額100,000 ARBが用意されている。
11:20
分散型取引所GMX、コインベースのL2「Base」で展開を検討
仮想通貨分散型取引所GMXのコミュニティで、米コインベースの「Base」上にGMXを展開することが提案された。「Base」とはコインベースの独自イーサリアムL2ネットワークだ。
10:40
米大手仮想通貨取引所コインベース、ブラジル事業を強化
米大手仮想通貨取引所コインベースはブラジル事業を強化している。ユーザーが法定通貨レアルを使って入出金できるようにしたと発表。グローバル戦略についても説明した。
10:15
米SEC、DeFiプロジェクト「Sushi」に召喚状
DEXのSushiを運営するSushi DAOとHead ChefのJared Grey氏は、米SECから召喚状を受け取っていることがわかった。Grey氏は法的弁護基金の創設を提案している。
09:40
エアドロップ予定のArbitrum独自トークン、約300万ARBに盗難リスクの可能性
仮想通貨イーサリアムのL2「Arbitrum」が行うARBトークンのエアドロップは、約300万ARBが盗難される可能性があることが指摘された。約2,400のウォレットが被害に遭う可能性がある。
03/21 火曜日
12:50
ポリゴンとImmutable、ゲーム特化型ネットワーク「Immutable zkEVM」を発表
仮想通貨イーサリアムのL2スケーリングソリューションを構築する2つのプロジェクト、PolygonとImmutableがゲーム専用ネットワークを構築する計画を発表した。PolygonzkEVMとImmutableのゲーム開発ツールを組み合わせた「Immutable zkEVM」をリリースする。
12:47
「Aavegotchi」開発企業、39億円相当を資金調達
メタバースゲーム「Aavegotchi」を開発するPixelcraft Studiosは、複数年に渡るトークンセールにより約39億円を資金調達したと発表。資金はゲーム開発やマーケティングなどに充てる計画だ。
12:30
香港財務長官、Web3と仮想通貨の育成方針示す
香港の金融サービス・財務長官は、ビットコインなど仮想通貨とWeb3を育成する政策の進捗状況について報告した。ライセンス制度やステーブルコイン規制の整備についても話している。
11:55
「Microsoft Edge」、仮想通貨ウォレットをテストか
Webブラウザー「Microsoft Edge」に仮想通貨ウォレットを実装する目的で、IT大手MicrosoftがWeb3開発会社onsenSysと協業しているとの報道が出ている。テスト環境と見られるスクリーンショットでは、イーサリアムやステーブルコインのスワップ機能や購入画面が示されている。
03/20 月曜日
20:00
バイナンス、Arbitrum(ARB)上場予定
仮想通貨取引所大手バイナンスは、イーサリアム(ETH)のL2「Arbitrum(アービトラム・ARB)」の新規上場予定を決定した。
14:47
DeFi情報サイト「DefiLlama」で内紛か プラットフォーム分岐へ
DeFi分析プラットフォーム「DefiLlama」の開発者は、新たに別のプラットフォームを立ち上げると発表した。トークン発行などをめぐり、同社の中で争いが起きている模様だ。
14:43
元コインベースCTOが米ドルのハイパーインフレに警鐘、ビットコイン100万ドル到達に賭ける
米大手仮想通貨取引所コインベースの元最高技術責任者のBalaji Srinvasan氏は、米国でハイパーインフレが起こる可能性を警告し、ビットコインが今後3ヶ月で1億3000万円に達するという信じ難い賭けを提示した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア