世界初、FATF国際ルール準拠のステーブルコイン「XSGD」がローンチ

初FATF準拠のステーブルコイン

シンガポールの決済関連企業Xfersは、法定通貨シンガポール・ドル(SGD)に裏付けられたステーブルコイン(XSGD)を発表した。

金融活動作業部会(FATF)のアンチマネーロンダリングの国際ルールである「トラベルルール」に準拠した世界初のステーブルコインとなる。

Xfersは、シンガポールの中央銀行(MAS)の「e-money」業者ライセンスを持つ企業で、ステーブルコインXSGDの発行にあたる裏付け資産のシンガポールドルは、MASが運営を承認した銀行に預け入れる。

トラベル・ルールとは、資金洗浄等防止のため国際的な電信送金に関するルールで、仮想通貨取引所などのサービス・プロバイダー(VASP)には取引の際、送金者と受取人の情報を収集・交換し、その情報の正確性を保証することも求められる。

対象となるVASP間の仮想通貨送金で、国際的なKYCルールが適用されることになる。

発表によると、XSGDは、イーサリアムおよびZiliqaの2つブロックチェーンを利用し、発行される。

XSGDのエコシステム

XfersはステーブルコインXSGDが独自のイニシアチブStraitsXの重要な一歩としている。StraitsXは東南アジアのオープンファイナンスを目的とした計画だ。

企業や個人も決済で利用できるよう大手カストディ企業BitGoや、Fireblocksや個人ウォレットのTrust WalletやLedgerなどもサポートしている。そのほか、仮想通貨取引所、DeFiプラットフォーム、ブロックチェーン分析企業まで幅広く対応を受けている。

出典:Xfers

上図が現在のエコシステムを表す。取引所関連では、LiquidやCrypto.com、DeFi関連では、UniswapやKyber Networkなどが挙げられている。

同社の決済部門責任者Sharon Paul氏は仮想通貨メディアCointelegraphに対して、「決済は金融アクセスの第一歩であるため、ステーブルコインを決済オプションに加えることがとても自然だ。XSGDを資本市場セクターとデジタルアセット市場に提供できるのはとても嬉しい」とコメントした。

参考:公式発表


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します