Googleクラウド、仮想通貨EOS(イオス)のガバナンスに参加の意向

Google CloudがEOS(イオス)へ参加予定

Google Cloudが、暗号資産(仮想通貨)EOS(イオス)のブロックチェーンネットワークに参加する意向であることが判明した。

Google Cloudの開発者Allen Dayは、「私たちはブロック・プロデューサー候補になるプロセスを開始している」として以下のように語った。

様々な組織が、分散型台帳テクノロジーをインフラストラクチャに組み込み始めている。私たちは、パブリックブロックチェーン上の情報が安全に保存され、確実に利用可能で、意義ある方法でアクセスできるようにすることに取り組んでいる。

「ブロック・プロデューサー」とは、EOSチェーンにおいてブロックの生成や承認などを担当する役目を持つ。

EOSコミュニティの投票でブロック・プロデューサーとして認められれば、Google Cloudはこの先、EOSブロックチェーンのセキュリティ、スケーラビリティ、分散化などの面について発言権を持つことになる。

EOSは、オンチェーンガバナンスという仕組みを採用しており、様々な変更に係る合意形成(投票等)をオンチェーンで行う。

投票で選出された21のノードがブロックの生成・承認を行い、またオンチェーンガバナンスにも参加、決定権を有している。

EOSネットワークを開発する企業Block.oneは、Google Cloudが投票基準を満たすことができると確信していると述べた。

Block.oneは、Google Cloudの安定性、信頼性、セキュリティ、広範なグローバルネットワーク構造を実現する高品質なインフラは、EOSなどパブリックブロックチェーンネットワークと非常に相性が良いとも指摘。

Block.oneのCTO(最高技術責任者)であるDanLarimerは次のように語る。

Google Cloudは、高度にプロビジョニング(様々なリソースが準備)された低レイテンシー(通信遅延時間が短いこと)のインフラストラクチャーをBlock.oneに提供し続ける。

安全なオラクル、チェーン間トランザクションレポート、キー管理、高整合性のフルノード検証を通じて、Google Cloudのコンピューティング基盤は、ブロックチェーン技術のセキュリティ、スケーラビリティ、分散化を強化するだろう。

Block.oneによると、EOSネットワーク上での投票は常に自由であり、EOSトークン保有者により選出される21のブロック・プロデューサーがコミュニティの集合的意思をリアルタイムで反映するようになっている。

Google Cloudも、他のブロック・プロデューサー候補と同様にEOSコミュニティの基準に照らされて継続的に評価されることになるという。

ブロックチェーンによる分散型SNSも発表

Block.oneは今年夏に、ブロックチェーンを使ったSNS「Voice」をリリースしている。

EOSIOブロックチェーンネットワーク上で構築されており、ボットやスパムアカウントを許可しないため、フェイクニュースや違法コンテンツが大幅に減少するというメリットが見込まれる。

また、既存のSNSでは利用者の情報をプラットフォーム側が広告収入を得るために独占的に収集・利用してきたが、その管理権を利用者に戻すことも目的にしているという。

関連:Block one、EOSブロックチェーンを利用したSNS「Voice」を正式ローンチ


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します