ヤフーが仮想通貨交換業に参入か

Yahoo(ヤフー)が登録業者の株式40%を取得
システム整備などを進めた後、2019年の春に追加出資を検討中とのことです。これによりヤフーの仮想通貨交換業界進出の可能性が高まっています。

ヤフーが仮想通貨業界へ進出

23日、ヤフーが子会社を通じて、4月に金融庁の仮想通貨交換業者「ビットアルゴ取引所東京」の株式40%を取得する、と日経新聞が報じました。

ヤフーとビットアルゴは既に資本提携することを合意し、金融庁にも通知しているとのことです。

システム整備を進めた後、2019年春に追加出資を検討している可能性が高いようです。

具体的には、2019年の1~3月、ヤフーのグループ会社が追加で株式を買う予定です。

よって、仮想通貨交換業への実際の参入は2019年4月以降になる見通しです。

ビットアルゴ取引所東京について

株式会社ビットアルゴ取引所東京は、2017年12月1日に金融庁より認可を受けた仮想通貨取引所の一つです。

「金融工学」、「医用工学」、「農工学」の研究者が集う株式会社シーエムディーラボの100%子会社でもあります。

国内大手企業が続々と仮想通貨業界へ参入

IT企業を中心とした大手企業が、続々と仮想通貨取引所業界への参入を決めています。

例えば、SBIは国内向けと海外向けの二つの取引所設立を予定しています。

また、サイバーエージェント、メルカリ、LINEなども金融庁登録を目指す旨を発表しており、この業界の注目度の高さが伺えます。

金融庁登録申請中の大手企業
会社名 発表日 概要
サイバーエージェントビットコイン 2017/10/02 CAグループ
コインタップ 2017/10/27 DMMグループ「ネクストカレンシー」
メルペイ 2018/01/10 有名フリマアプリ「メルカリ」の100%子会社
OKWAVE 2018/01/11 ICOも検討
マーキュリー 2018/01/29 上場企業セレスの100%子会社
LINE Financial 2018/01/31 資本金50億円

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加