りそな銀行東京本社、14,561人分の顧客情報紛失を発表

りそな銀行が個人情報紛失

りそな銀行は14日、14,561名分の顧客情報が記録された光磁気ディスク1枚を紛失したことを発表した。

口座番号などは記録されていないとし、外部流出した可能性は極めて低いとしている。

りそな銀行の東京本社にて紛失が判明、ディスクには顧客の氏名、郵便番号、住所が含まれているとした。その他の電話番号、口座番号、残高等については、一切記録されていないと説明している。

また、ディスクにはパスワードが設定されているため、第三者は確認できない仕様だという。また、調査の結果、不正に持ち出された形跡は認められないことから、外部に流出した可能性は極めて低いと結論付けた。

りそな銀行は「事態を重く受け止め、再発防止に向けて、お客さま情報の管理について再徹底してまいります。」とした。

光磁気ディスクとはMOディスクとも呼ばれる記録媒体の一つで、CDやHDD、USBメモリーといった媒体の登場により、姿を消しつつある。

参考:りそな銀行


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します