米国でCLOUD法が成立|仮想通貨コミュニティは警戒モード

CLOUD法が成立へ
世界中のデータへのアクセスを可能にする「CLOUD(Clarifying Lawful Overseas Use of Data)」法がアメリカで承認されました。『インターネットのユーザーを保護し、国際間での法律摩擦を回避すること』を目的としています。
批判も少なくない
しかし、この法案には「プライバシー侵害」など、さまざまな懸念点も多いため賛否両論が渦巻く事態となっており、BTCの著名人アンドレアス・アントノプロス氏をはじめ、アメリカ自由人権協会や電子フロンティア財団など、数多くの組織が対決姿勢を鮮明にしています。

複数の問題を抱える「CLOUD法」が成立

法執行機関が国境を超えたデータアクセス方法を規定する、法的な枠組み「Clarifying Lawful Overseas Use of Data(以下、CLOUD)法」が、1兆ドル(約104兆円)以上にも及ぶ、莫大な支出政策(連邦歳出法案)の奥深くに押し込められるような形で、ほぼ秘密裏に通過したことが話題になりました。

そこに議論の余地はなく、CLOUD法のメリットに対しての投票も行われていません。

しかし、周囲の反対を押し切ってでも、立法者は何千ページからなる法案を棄却し、政府閉鎖のリスクを負うべきでした。

CLOUD法は、「オンライン活動に限って国際的な法的処置を行うことができる」法案のため、仮想通貨コミュニティは大きな懸念を抱いています。

推進派の意見

アメリカ合衆国の上院仮議長を務める「Orrin Hatch」議員は、次のように解説しています。

「CLOUD法は、世界中のデータにアクセス可能な法的措置を行うツールの提供によって、不要な法的摩擦を避け、国際間協力を促すとともに、共通の枠組みを定める上で、法的措置や技術分野に存在し得る溝を埋めるメリットを生み出します。」

ここ数週間は、仮想通貨のプライバシーに携わる弁護士にとって、決して良い日々ではありませんでした。

悪名高き告発者「Edward Snowden」氏の暴露によれば、ビットコイナー達は、米国政府の盗聴及び、追跡を2013年以降一貫して受けているとされています。

今回の新しい法律の制定は、そんな米国政府に「オンライン上のプライバシーを監視する、より強い権力を与えることになった」と言っても過言ではありません。

またRand Paul議員は、全2232ページの読破を試みる、唯一の議員であることを証明しました。

「S. 2383/H.R. 4943 Clarifying Lawful Overseas Use of Data(データにおける法的な海外使用の明確化)」の部分、つまりCLOUD法に当たる部分が、書類の2201ページから2232ページにて確認されています。

これは、世界有数のIT企業である「Apple、Facebook、Microsoft、Yahoo!」の合法的な考え方と、1977年以降その地位に居座り続けている84歳のOrrin Hatch議員による、それぞれの法的思考を元に発案されました。

5社の共同声明は、以下のように述べています。

「新しいCLOUD法は、世界中のインターネットユーザーを保護するためのコンセンサスの高まりを反映しており、具体的な解決策として国境を超えたデータへのアクセスを提供する。」

「この超党派的な法律は、個人情報の権利を強化・保護するための重要な一歩であり、国際的な法律の摩擦を無くし、より安全に全ての人を保護するために必要な段階だ。」

Microsoftは、プライバシー侵害の係争に関与しており、2018年には内一つは最高裁判所まで上告されています。

裁判所では、Microsoftがアイルランドに保管しているDepartment of Justice(DOJ)のデータを司法省に提出すべきか否か、で争われています。

この事案は2013年から続いており、大手IT企業は、毎回のように訴訟を起こすよりも、国際コンプライアンスに関する国際法令遵守法を統一するルールを求めているのではないでしょうか。

これらのプラットフォームは、CLOUD法がプライバシーの保護と法的措置の妥協点となるのではないかと考えられています。

EFFとACLUは反対を表明

一方で、電子フロンティア財団(以下、EFF)は、完全に反対の立場を表明しています。

EFFは、合衆国憲法修正第4条の新規バックドアに関する法律によると、CLOUD法は下記を満たしていないことを主張しています。

「司法審査前に国外の法的措置を必要とする場合、米国警察は”盗聴法”に基づいて遵守しなければならない厳格な令状を必要とせずに、国外の法的措置へのリアルタイムでのアクセスや干渉を行うことが許可されます。」

「合意における、犯罪の分類及び、重要度に関する制限が定義されていないのです。さらに、どの個人が対象となり、その個人の居住国や個人が保有するデータの所在地も明確に定義されていません。」

アメリカ自由人権協会(ACLU)は、20を超えるプライバシー志向の組織と共同で、CLOUD法に関する警告を発表しました。

この法律は、

  • 外国政府がアメリカの法律を遵守せず、アメリカの国土上で盗聴が行われる。
  • 行政機関が国会の承認無しに、国際合意に至る。
  • 外国政府が得た情報を使用して、拷問などの人権侵害を行う。
  • 外国政府がアメリカ憲法の基準を満たさない形で、アメリカの個人に関連する情報を得ることが出来る。

という可能性を生み出してしまうリスクがあります。

さらに、仮想通貨(ビットコイン)業界における著名技術者である「アンドレアス・アントノプロス」氏も、以下のように言及しています。

「CLOUD法が可決された。

国際的にプライバシーを侵害するものであったため、$1.3兆(約135兆円)規模の連邦歳出法案に紛れ込ませることで、議論の余地を残させなかったのだろう。

暗号化、暗号化、暗号化。ダークに行こう。

プライバシーそのものが違法化(犯罪化)されてしまえば、犯罪者のみがプライバシーを持つことになりかねない。

我々は、またしても裏切られたのだ。」

実際に、暗号化はプライバシー志向を追求した結果なのです。

より良いプライバシー志向の通貨及び、暗号化方法の探求は、少々急を要することになるかもしれません。

Crypto Community Fears Passage of the CLOUD Act

Mar 26, 2018 by C. Edward Kelso

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加