米CFTC、仮想通貨デリバティブ取引所の顧客資産取扱指針を規定

CFTCの新ガイダンス

米商品先物取引委員会(CFTC)が暗号資産(仮想通貨)デリバティブ取引所の顧客資産取扱いに係る勧告書を新たに発表した。投資家保護を強化することを目的する。

勧告書では、「仮想通貨のカストディアン(取引所等を含む)を規制する連邦や州の規制は現状整備されていない。そのため、カストディアンによる顧客資産の取扱いは、リスクや問題が生じる可能性をはらんでいる」。

具体的には、CFTCのスワップディーラー監視部門は、取引所が顧客資金を保有の金銭とは区別した口座で保管することを規定(分別管理)。顧客の入金した仮想通貨は、「顧客資産」と明記する必要があり、取引所側が顧客資産を利用して取引することを禁止する。

また、取引所が顧客資産を保管するために利用するサービスについても制限を設け、「銀行、信託企業、別のデリバティブ取引所、もしくは仮想通貨先物の清算を行う団体」を指定機関に挙げた。

CFTCは、デジタル資産デリバティブに関する包括的なフレームワークの構成を進めており、今回の勧告書もその一部であると説明している。

直近では、デリバティブ取引所BitMEXの規制違反で告発した事例後、Tarbert CFTC会長が国内の投資家保護を目的として、法律違反する業者を追及する姿勢を改めて示している。

関連ETH2.0移行後の有価証券性と違法仮想通貨取引所への対応─米CFTC会長

参考:CFTC


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します