中国当局、テザー(USDT)利用の巨額資金洗浄を取締り

テザー(USDT)を使った違法ギャンブルを取り締まる

中国人民銀行が、国際的なギャンブル活動の取締りについて記事を公開した。その中でステーブルコインUSDTを使った違法活動も事例として挙げられている。

中国本土では、ギャンブルやカジノは違法で、以前よりギャンブル経営には暗号資産(仮想通貨)が広く利用され、資金の追跡を困難にしていると指摘した。

人民銀行によると、ギャンブルサイトは通常、凍結が困難な海外のサーバーを介して提供されとおり、国内のユーザーが中国の資本管理を迂回して海外に送金できるよう、さまざまな方法を採用している。

方法については、SMSやWeChatなどのソーシャルメディアで宣伝を行い、ボーナスポイントや高い勝率でユーザーを誘い、裏で勝率を操作したり、最小限引き出し額を高額に設定して、ユーザーのプレイ時間を長引かせたりすると紹介している。

USDT事例

「典型的な事例の一つ」として挙げられたのが、米ドルとペッグされるテザー(USDT)を使用したものである。

広東省恵州市の人民銀行支店が地元警察に協力、結果的に3つのギャンブルサイトが取締りを受け、USDTを使用して収益の資金洗浄を行ったとして、77人の容疑者が逮捕された。 洗浄金額は、約1億2000万元(約19億円)にも上った。

事件では、銀行振込だけでなく仮想通貨も使用され、複数の層を介してマネロンが実施されていたため、資本の流れを追跡するのは非常に難しかったとしている。

民間銀行に取締り強化を指導

人民銀行は、こうした違法行為を取り締まるための対策についても言及しており、具体的には民間の商業銀行に以下のような事項を指導しているとする。

  • 毎日のリスク監視システムとビッグデータリソースを統合
  • ギャンブルが疑われる取引の監視モデルを確立
  • 違法な取引の特性についてインテリジェント分析
  • アカウントの資金取引のすべての側面を完全に監視

こうした取り組みは成功を収めており、17万を超える不正アカウントの監視や発見が行われたという。

9月には、中国の公安部の高官が、毎年少なくとも一兆元(約15兆5000億円)が中国からギャンブルによって流出しており、その過程で仮想通貨が使われていると指摘している。

中国当局は、非金融機関における決済口座の開設費用を増加させたり、不審取引の確認、口座保有者へ実名を使用することを要求するなど、資金の流出を防ぐために動いているとのことだ。

関連:中国公安部高官、仮想通貨が違法カジノの資金移動に利用と指摘

OTC取引の口座凍結事例も

こうした状況でOTC取引への取締りも強化されており、OTC業者の口座が凍結される事例がみられている。

人民銀行は数ヶ月前より民間銀行と不正取引の取締りで連携を開始したとされており、顧客審査の一環で、仮想通貨OTC取引に関連する銀行トランザクションも対象に入った。

関連:中国のビットコイン取引に暗雲 OTC取引業者で銀行口座凍結事例──中銀が資金洗浄対策を強化

人民元からUSDTなどへ変えるための主要経路としてのOTC取引は、仮想通貨取引所が法律で禁止されている中国国内では、仮想通貨取引を支える重要な経路となっており、影響も懸念されているところだ。

The Blockの報道によれば、仮想通貨OTCトレーダーが、マネーロンダリングの捜査に協力するために警察に拘留される例もあるという。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します