「デジタル・ルーブルの発行は現実的」ロシア中銀2021年末にCBDCテストか

「デジタル・ルーブルの発行は現実的」

ロシア連邦中央銀行の総裁が、記者会見でデジタル通貨(CBDC)として計画されている「デジタル・ルーブル」の発行は「非常に現実的」と語り、テストを2021年末から開始する可能性について話した。またその機密性の側面についてもコメントした。

Elvira Nabiullina総裁は、デジタル・ルーブルについて現金取引と同じ程度の匿名性は存在しないが、機密(プライバシー)を守る機能は高まる見込みだとする。

デジタル・ルーブルには固有のデジタル・コードが付与され、中央銀行はより透明性の高まった金融取引を追跡できるようになる。

ロシア中銀が、デジタル・ルーブルに関する記録を管理することになるが、その他の機関が取引記録を閲覧できるかどうかは、デジタル・ルーブルのシステムが正式に承認されるまでは、まだ未定だという。

2021年末に試験運用の可能性

Nabiullina総裁は、記者会見でデジタル・ルーブルの発行可能性は「非常に現実的」だとして、試験運用が2021年末に行われる可能性があると明かした。

また、デジタル・ルーブルを導入しても、紙幣を廃止することは計画しておらず、CBDCは、現金と、非現金貨幣に加えて、第三の貨幣形態となるだろうと述べた。

市民や企業は、その都度一番便利な貨幣形態を選択することが可能で、デジタル・ルーブルは、銀行口座とは紐づかない特別なカード形態のものに保存されるという。

総裁は「デジタル・ルーブルの普及はスムーズに進み、国民や企業は目を離せないほどになるだろう」とも語り、ロシア中銀が本腰を入れてCBDC発行に取り組んでいくことを示唆した格好だ。

デジタル・ルーブル構想

ロシア中銀は今月、デジタル・ルーブルについての協議書を発表、その概要を披露している。

関連:ロシア中銀がCBDCレポート「デジタル・ルーブルの可能性」

デジタル・ルーブルは、市民、企業から州など、すべての経済主体が利用可能な支払い手段、価値の物差し、価値の保存という、通貨の機能3つを備えるものとして構想されている。

取引は、電子ウォレット、電子決済、またはモバイルアプリの使用に似たものとなり、オンラインとオフラインの両方で実行され、ウォレットにチャージしておくことで、インターネットに接続できない場所でも使用可能。

チャージは、銀行口座やカードからの資金、現金を使用して行える。用途としては、商品やサービスの支払い、団体や州への支払い、送金、金融商品取引の支払いなど広範に使える設定となる。

メリットとしては、金融インフラへのアクセスが制限されている遠隔地などで便利な決済手段になり得るなど、金融包摂の機能も挙げられた。また、国内資金が外国のデジタル通貨として流出するリスクを制限することにも言及。

関連:デジタル・ユーロを導入すべき3つのシナリオ──欧州中央銀行執行委員


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します