韓国最大手取引所:2018年末までに8000店舗で仮想通貨決済導入を目指す

韓国Bithumbと決済プロバイダが提携し、仮想通貨決済を促進する
韓国の大手仮想通貨取引所であるBithumbが決済プロバイダと提携しました。Bithumbは、国内で仮想通貨決済可能な店舗を年内に8,000店舗確保することを目標にしています。
韓国で仮想通貨決済への関心が高まる
大手仮想通貨取引所Upbitを運営する子会社を傘下に収めるKakao Corpも、自社が抱える数百万人規模のユーザーと、12,000店舗に仮想通貨決済を導入すると報道されており、韓国での仮想通貨決済への関心が見て取れます。

韓国の大手仮想通貨取引所であるBithumbと決済プロバイダが提携し、韓国国内の何千もの店舗で仮想通貨決済を可能にすることを目指します。

Bithumbは国内小売店の仮想通貨決済導入を促進する

Korea Timesによると、この提携により、2018年の前半で6,000店舗を仮想通貨決済に対応させ、2018年末までに8,000店舗への対応を目指しているとされています。

さらに、200ものフランチャイズブランドがこのプロジェクトに賛同し、モバイル決済サービスプラットフォームを使用して、仮想通貨決済を導入しています。

3月26日の提携発表の中で、Bithumbは、この試みによって仮想通貨決済が主流社会へ順応していくことを主張しました。

私達は、非常に注目すべき一歩を踏み出しました。

仮想通貨が広く使用される環境を整備できるよう全力を尽くす次第です。

取引所と決済プラットフォームとの提携が仮想通貨決済を促進する

Bithumbの特筆した仮想通貨決済推進活動は、韓国のインターネット大手であるKakao Corpに関するニュースに追って発表されました。

大手仮想通貨取引所UpBitを運営する子会社を傘下に収めるKakao Corpは、KakaoTalk、KakaoPay、KakaoStory、KakaoTaxiなどの自社のプラットフォーム上の数百万人規模のユーザーと、12,000もの店舗に仮想通貨決済を導入すると報じられています。

さらに、Bithumbは最近、韓国最大のホテル予約プラットフォームとも提携し、仮想通貨決済を普及させています。

仮想通貨決済エコシステムを浸透させようとする取り組みは、複数の小売業者がビットコインなどの仮想通貨を受け入れている日本を連想させます。

さらに、オーストラリアでも国内仮想通貨取引所と決済業者が提携しており、国民は1200もの露店でビットコイン及び、イーサリアムを購入できるのです。

6,000 South Korean Outlets to Make Cryptocurrencies Available by Q2 2018

Mar 27, 2018 by Samburaj Das

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加