仮想通貨市場でビットコイン先物の存在感高まる=Krakenレポート

成長見せるデリバティブ市場の取引高

仮想通貨取引所のKrakenは今月、「ビットコイン先物の進化」と題したレポートを公表。仮想通貨デリバティブの取引高が、現物取引の4倍以上に達していることを明らかにした。

仮想通貨デリバティブ市場ではBitMEXやDeribitに始まり、大手のCMEやCBOEなど幅広い層からの業界参入があり、同レポートでは、仮想通貨のデリバティブ市場が2017年以来、非常に競争の激しい分野であったと指摘した。「現物の取引高に比べ、デリバティブの取引高の成長率は顕著だ」と綴っている。

レポートでは、仮想通貨市場の変遷について以下のように論評している。

2017年2Qから2018年1Qにかけて、現物の取引高は鋭く伸び、約580億ドルから5,700億ドルにまで達した。

その後、バブル崩壊を経て1,040億ドルにまで一時的に大きく下落。それ以来、現物が完全に回復することはなく、デリバティブ市場が仮想通貨市場を席巻する形となっている。

デリバティブの想定取引高は、2017年2Qから2020年の3Qまでに60億ドルから1.7兆ドルにまで爆発的に増加している。

出典:Kraken Intelligence

現在のデリバティブの取引高は、少なくとも現物の取引高の4.6倍と現物市場を圧倒しているとした。そのレポートでは、完全に未来を予測はできないとしたうえで、今後もしばらくは、デリバティブ取引の需要は伸びていくだろうとの予測を立てている。

参考:Kraken Intelligence


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します