CoinPostで今最も読まれています

「アンケートから見るNFT市場」ブロックチェーンコンテンツ協会がレポート公開

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ブロックチェーンゲームの実態

日本のブロックチェーンコンテンツ協会は、NFT(ノンファンジブル・トークン)の利用実態についてアンケート調査を行った結果をレポートとして公開した。アンケートは2020年10月に行われ、およそ2395件の回答を得た。

ブロックチェーンゲームは、ブロックチェーンを基盤としたdAppsゲームで、ブロックチェーンの改ざん耐性を活かし、NFTと呼ばれる、デジタルでありながら本物(コピーした偽物ではない)ことを証明することができるトークンを利用する形が主流だ。

NFTはRPGのキャラクターや仮想で生まれる猫、実在するプロサッカー選手のカードまで、ゲームによって様々な使われ方がなされている。

まず、ブロックチェーンゲーム自体を始めた理由を聞くと、仮想通貨に興味があったという答えが44%という結果になり、続いて「ブロックチェーンに興味があった」(17%)、「ゲームに興味があった」(7%)と続いた。

ブロックチェーンゲームの投資としての性質が、ゲームに参加する入り口としてユーザーの多くを惹きつけていることが分かる。

始めた理由(レポートより)

サービスを利用し始めた時期としては、2018年8月以前が35%、2020年5月以降が28%でそれぞれ大きな割合だった。継続的にサービスを利用するプレイヤーが根付いている一方で、今年の5月以降と、新規に始めたユーザーも着実にいることが示された。

投資として、利益が出ているユーザーも

続いて、NFTを購入した理由としては、「サービスを楽しむため」と、「長期投資」、「投機目的」の回答がそれぞれ38%、36%となっており、拮抗する結果となった。

ブロックチェーンゲームへの投資状況については、0円を含む1万円以下を投資した割合は21%という結果になり、8割以上が1万円以上の投資を行っていた。

最も割合が多かったのは、10万円~100万円の25%だが、100万円以上の投資を行っている人も9%存在しており、高額を投入しているユーザーも一定数いることが分かる。

投資状況(レポートより)

また、NFTの取引によって、利益が出ているユーザーは33%にもなり、そのうち27%は10万円以上の利益が出ていると回答した。

スマホゲームなどにおいてはフリーミアムモデル(基本無料)が主流であり、2割のユーザーが利益をもたらす(パレートの法則)など統計の経験則が知られているが、NFT(ブロックチェーンゲーム)は課金層がより分散していることが窺える。

仮想通貨ユーザーとの年齢層の違いは?

ブロックチェーンゲームと仮想通貨ユーザーとの間に年齢比率で違いはあるのだろうか。

出典:ブロックチェーンコンテンツ協会

続いて9月7日にbitFlyerが公開した、2020年上半期に口座を開設したユーザーの属性は以下のようになっている。

bitFlyerの調査を基に作成

母集団の属性に違いがあるものの、仮想通貨ユーザーと比べ、ブロックチェーンゲームのユーザー(回答者全体)は年齢が高めである印象が得られた。

関連:仮想通貨投資の目的、中長期的運用へ=bitFlyer調査

ブロックチェーンゲーム(NFT)というコレクションとしての楽しみもあるゲームに対し、可処分所得の多い層(年齢の高めな層)が集まったことや、スマホゲームに親しむ10代に、初期からある程度の投資を必要とするブロックチェーンゲームがリーチ出来ていない可能性が考えられる。

参考:ブロックチェーンコンテンツ協会

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/07 水曜日
17:48
Ledger、次世代ウォレット「Ledger Stax」公開
大手仮想通貨ウォレット企業Ledgerは、iPodやiPhoneの開発に携わったTony Fadell氏がデザインした最新モデルのハードウォレット「Ledger Stax」のリリースを発表。2023年3月に販売開始する。
16:09
ソラナウォレットPhantom「顧客データ取得していない」
仮想通貨)ソラナの主要なウォレットPhantomは、ユーザーデータに関連するプライバシーポリシーについて説明。ウォレットアドレスとIPアドレスなどを取得していないと表明した。
14:09
仮想通貨決済の「Slash」、ピッチイベントで最優勝賞
仮想通貨の決済サービスSlash Web3 Paymentsは、Arriba StudioとNewsPicksが共催した「ArribaX」のピッチイベントで、最優勝賞と特別賞を受賞したことを発表した。
13:30
RTFKT、実物のスニーカーと引き換え可能なNFTドロップを実施
メタバース上のスニーカーNFTなどを制作する「RTFKT」は、デジタルと現実を融合する初のスマートスニーカー「Cryptokicks iRL」のリリースを発表。現物スニーカーと引き換え可能なNFTとして販売される。
12:43
ブロック社、アフリカのビットコイン採掘企業に出資
ジャック・ドーシーCEO率いるブロック社はアフリカのビットコイン・マイニング企業Gridlessのシードラウンドに出資した。マイニングやP2P取引、国際送金などの場面でアフリカでの仮想通貨利用は急速に普及しつつある。
12:26
FTXグループ、7400億円規模の投資先リスト公開
フィナンシャルタイムズが破綻した大手仮想通貨取引所FTXとアラメダリサーチの投資先リストを公開した。流動性の不十分な投資への出資額は合計は7400億円に上る。
12:05
パラグアイ議会、仮想通貨マイニング関連の法案を否決
パラグアイ共和国の下院議会は、ビットコインなど仮想通貨マイニングの税制と規制の枠組みを作るための法案を否決した。電力消費などが懸念されていた形だ。
11:55
ビットコイン採掘難度は大幅下落、ChatGPT流行でAI銘柄に思惑買い
FTX破綻で軟調な相場環境を受けビットコイン採掘難度調整は大幅下落。TwitterでChatGPTが高い関心を集めたことでAI(人工知能)銘柄が物色された。
10:50
フォビジャパン、Japan Open ChainのIEO実施へ
暗号資産取引所フォビジャパンは7日、IEOの実施計画を発表した。
10:30
英財務省、仮想通貨に対する追加規制を策定か
英国財務省は、仮想通貨の販売や広告などを管理する包括的な規制パッケージを策定しているところだ。金融サービス・市場法案の一部として構想しているとみられる。
09:48
経産省、NFTの実証事業イベント開催へ
経産省は、NFTとメタバースの実証事業イベント第一弾を12日に実施する。NFTを通じたイベント空間への入場やプラットフォーム間の連携を実証して、技術的課題の整理を行う。
08:20
メタマスク、顧客データの保存期間を制限へ
仮想通貨ウォレット「Metamask」を開発する米ConsenSysは、RPCノードが顧客のデータを保存する期間を7日に制限する意向を示した。
07:50
米コインベース、3銘柄の新規取扱いを実施
米国の大手暗号資産取引所コインベースは7日、NFT関連銘柄を含む3銘柄の新規上場を実施した。
07:28
ワーナー・ミュージック、ポリゴンと提携
米音楽エンターテインメント企業のワーナー・ミュージックは、ポリゴン、LGND.ioとパートナーシップを締結。仮想通貨に馴染みのないファン層も対象にしてNFT音楽プラットフォームをローンチする。
07:00
7日朝|NYダウ・仮想通貨関連株全面安
今日のニューヨークダウは米連邦準備制度理事会の利上げが長期化し景気が悪化するとの懸念が根強く大幅に続落し一時500ドルを超えた。仮想通貨・ブロックチェーン関連株も全面安になった。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧