CoinPostで今最も読まれています

Roger Ver(ロジャー・バー)氏:独占インタビュー

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコインキャッシュのメリットを理解するには
Roger Ver氏は、政府が仮想通貨を認めていない国が多いとして、幅広く進めていくには、率先して仮想通貨を使用していくことで、お金として認知されていくでしょう、と語りました。

Bitcoin Jesus(ビットコインジーザス)と呼ばれるRoger Ver氏(ロジャー・バー)に対するCoinPost独占インタビュー記事です。

ビットコインに目を付けた理由や、ロジャー・バー氏がサポートしているビットコインキャッシュについて質問しています。

今後のビットコインを初めとする仮想通貨の今後

―2011年にビットコインに投資し始めたようですが、なぜその選択をしたのですか?そのイノベーションや未来にはどのように気づいたのですか?

私はシリコンバレーで育ち、コンピューターと共に生きてきました。

仕事は科学技術やコンピュータに関係し、経済学を勉強することが趣味でした。

そのため、ビットコインの技術および仕組みを理解できるほどのコンピューターサイエンスの知識があったうえに、財政上の観点を理解するほどの経済的知識もありました。

私がビットコインを知った時、それがいずれお金として利用されることを確信しました。

疑いは全くなかったため、私はそのお金を利用しやくするための道具を作ることを決め、成功しました。

世界中でビットコインや他の仮想通貨がお金として利用され始め、毎月その数が増えていきました。

なぜならビットコインが現れる以前に存在したお金のオプションよりも優れているからです。

2011年からこのような状況になることを予想していましたか。そして今より先のことも考えていましたか。

GoogleのAI担当であるRay Kurzweil氏の言葉を借りると、

我々は短期的な進歩については過大評価をし、逆に長期的な進歩については過小評価をしてしまいます。

そして私は7年前に自分がビットコインに投資した時から現在までその言葉が正しいと思っています。

最初は全てが一夜にして起きると思っていました。

そのようなことは起きませんでしたが、7年後の今ではビットコインは世界的な現象となり、数百、数千、でなければ数百万もの取引者が世界中でビットコインを受け入れており、かなり進歩したと思います。

―日本人として個人的になぜあなたが日本に拠点を置いているのかが気になります。

わたしは日本が美味しい食べ物と素晴らしい人たちがいるとても住みやすい国だと考えています。

ここに住めてよかったと思っているのでこのインタビューを見ている日本人全員にこの素晴らしい国を築いたことと私をその一部として受け入れてくれたことについて感謝したいです

日本政府の仮想通貨やブロックチェーンの扱い方についてはどう思いますか。

私はどの政府も特に好きではありません。

そして日本に常に住んでいたわけでもないため、その仕組みをあまり気にしたことはありません。

しかし、ビットコインおよび仮想通貨のどこか遠い国の政治家だと言い張る誰かに許可を必要としないセルフオーナーシップがとても魅力的だと思います。

―現在政府はビットコインやビットコインキャッシュを決済方法として気に入っていません。あなたはビットコインキャッシュをサポートしていますが、政府に対しビットコインおよびビットコインキャッシュの決済方法としてのメリットなどを理解させるにはどうしたら良いと思いますか?

まず、政府は一人の人が支配しているわけではなく、複数の意見をもつ複数の人がそれぞれの考え方をもって構成されています。

そのため、私たちにできることはビットコインなどをお金として利用することです。

つまり誰かにお金を払う機会があるときにビットコインで払うことです。

私がビットコインと言う時はビットコインキャッシュを指しています。

なぜなら、サトシナカモト氏のオリジナルホワイトペーパーにはそのように説明されているからです。

誰かお金を支払うときはビットコインを使いましょう。

ウォレットをセットアップしてあげて、その仕組みを教えてあげましょう。

そうすればその人も利用し始め、それが広がって大半の人が利用し始めたら、政治家がなんと言おうとそれはお金となります。

今からビットコインキャッシュの決済としての優秀さについて話しましょう。ビットコインとビットコインキャッシュの違いについて説明してください。

サトシナカモトが書いたビットコインホワイトペーパーのタイトルは「ビットコイン:電子的peer-to-peerキャッシュシステム」です。

キャッシュシステムという言葉が入っているため、お金として決済に使うために作られたことです。

しかし、なぜか一部の人間がビットコインのコアプロジェクトやBTCのロードマップを支配することに成功してしまいした。

彼らはそれをお金や決済方法として利用しようとする人をバカにします。

それは私が最初に投資をしたビットコインの形ではありません。

私が7年以上も促進してきて、Bitcoin.comや私の時間や努力を使いたい形ではありません。

私が促進したいのは誰もが使えるお金としてのビットコインです。

そしてそれはどう考えてもビットコインコアではなくビットコインキャッシュです。

ビットコインコアのロードマップや採用が破壊されたことをとても悲しく思います。

昨年八月、一つしかなかったビットコインがスプリットし、ビットコインコアとビットコインキャッシュとなりました。

ビットコインキャッシュはオリジナルホワイトペーパーに説明されているビットコインの形に従っており、私は7年以上もそれを促進してきました。私は止まりませんし、その形をこれからも促進し続けるつもりです。

どのお金が便利かわからない人はビットコインコアとビットコインキャッシュのウォレットをそれぞれ作り、友達にも作ってもらいましょう。

そして例えば1000円をウォレットに入れ、ビットコインとして友達に送り、それを送り返してもらってください。

そうすれば1000円が800円になっていることに気づきます。

しかしビットコインキャッシュであれば、1000円全てが帰ってきます。

同じことを例えば10人や20人のグループで行なった場合、ビットコインコアの場合は最終的に全て手数料としてなくなってしまいます。

しかし、ビットコインキャッシュであれば、一切減ることはありません。

実際に利用した人はビットコインキャッシュの方が便利であることがわかります。

―では未来的にあらゆるところでビットコインキャッシュでの決済を見ることになると思いますか。

その可能性はとても高いと思います。そして今もそれに向かって毎日努力しています。前回も成功したため、今回も成功するつもりです。

CoinPostはビットコインキャッシュについて全世界のニュースを投稿しています。しかし、日本ではまだそこまで普及していないため、情報が少ないです。日本でのビットコインキャッシュについてどう思いますか。

実はBitcoin.comでは単体店主がビットコインをより利用しやすくすることを目的とした商人ターミナルに力を入れており、近いうちに日本版を実装する予定です。これにより現存する日本の取引所に容易にプラグインし、店主は必要に応じて円に両替できるようになります。

―つまりビットコインよりもビットコインキャッシュがそれに適していると言うことですか。

その通りです。

そしてProof of Conceptとなったとき、伝統的な決済ターミナルやpoint of saleターミナルに行き、「日本中で数百、数千もの商人をサポートしているあなたのプラットフォームに皆が採用しているビットコインを組み込んではいかがですか」と頼めるようになります。

これはビットコインのときと同じやり方であり、それをもう一度繰り返すだけです。

他のアルトコインについて聞きたいです。今ではたくさんのアルトコインが存在し、それらの多くは決済ではなく、他の計画のためのトークンとして作られています。それについてどう思いますか。

トークンには有用性が必要だと思います。

価値があるということはそれに有用性がある、もしくは希少であるということです。

今では有用性のあるトークンも多いです。

特に会社の一部を所有するセキュリティーとして使われているもの。

そしてそれらが政府が一番恐れているものだと思います。

そして恐れている理由はおそらく伝統的な株式市場などを守りたいからだと思います

そして中央集権型な存在による管理がないため、トークン化により様々な資産が自由になることをとても期待しています。

―ICOについてどう思いますか?

私はICOがとても良いことだと思います。

なぜならどの投資者も世界中の企業家に投資することができるからです

つまり日本の企業家がブラジル、ロシアや中国から投資を受けることができます。

これはICO以前は不可能でした。

それはそうと、人々がこれらのICOに少し浮かれている気もします。

それほどの価値がないものにもたくさんのお金を入れてしまっています。

私は伝統的な冒険資本市場資産として閉じ込められたお金がICOにより投資という出口が作られ、世界中の人々が参加し始めることに期待しています。

しかし、詐欺にはもちろん気をつけるべきです。

2017年夏には多くのICOが実装され、規制が始まりました。日本は規制が始まった最初の国の一つであり、規制はそれ以降も世界的に厳しくなっていきました。そうでなければならないという意見もあります。どう思いますか?

私はまず規制が必要であるという考えには賛成しません。

人々は過去数年に渡って様々なICOを実装しており、かなり自由でワイルドな環境でした。

多くの人がお金を失いましたが、同時にそれ以上の人が儲けました。

それも人生だと思います。質問に対しては二つの答えがあります。

哲学的な答えとして、我々は皆人間であり、同じ地球上に生まれてきました。

なぜ他の人を従えるような人がいてもいいのでしょうか?

ICOに投資またはそれを実装するために許可が必要であることはおかしいです。

彼らは我々と同じ人間であり、なぜ許可が必要なのでしょうか。逆も同じです。

私が政府に対し私の許可が必要であり、一回目はお金をとり、従わなければ投獄するというような手紙を送った場合、人々は私を狂人やサイコパスだと思うでしょう。

しかし、彼らが同じようなことをしても、人々は政府だからしょうがないと諦めてしまいます。

政府には我々の代表者がいると考える人もいますが、もし本当に代表しているのであれば、その人が私たちよりも権力があることはおかしいことです。

私たちが他の人に対し命令できないのであれば、代表者もそのようなことをしてはいけないはずです。

私からすると全てがおかしいように思えますが、人間は小さい頃から権力者に従うことを当たり前のように教え込まれます。

政府の人は我々と同じ人間です。

我々が政府に対しICOを実装するために許可が必要などと脅迫することができないように、政府もまた我々にICOを実装するために許可が必要と脅迫したりすることはできないはずです。

現実的な答えとしては、事業を経営する人々は規定を知りたがり、政府にはそれを支配する力があります。

規定を明白に設定するため、事業を経営する人々にはICOにおいてまっすぐな道が決められます。

今後仮想通貨などのビジネスにより多くの人が参加することを見るでしょう。

私は哲学的に正しいと思うことを言い続けますが、現実的な道を辿ります。

政治家に逆らうようなことはしません。

なぜなら私は彼らを恐れており、言うことを聞かなければ痛めつけられます。

なので従います。

―最後にもう一度ビットコインキャッシュについて一言お願いします。

ビットコインキャッシュはビットコインです。

2011年から私が力を入れているビットコインと同じ経済方式に従い、世界的な現象になりました。ビットコインキャッシュはビットコインです。

一度試してみてください。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/28 月曜日
16:06
国内イベント「Web3 Tokyo 2022」12月にオンライン開催へ
株式会社N2Mと株式会社こころまちはweb3カンファレンス「Web3 Tokyo 2022」を12月10日に開催する。渋谷区も後援するほか、経済産業省や仮想通貨業界の大手企業も登壇予定。
13:01
Coinsquareで顧客の個人情報漏洩か
カナダの大手仮想通貨取引所「Coinsquare」の顧客データベースが侵害され、個人情報が流出した可能性があることがわかった。パスワードは流出していない。
12:30
BTC上抜けならず反落、アルト相場も売り優勢
FTX破綻の影響で疑心暗鬼の暗号資産(仮想通貨)市場では、リバウンド局面でビットコイン上抜けならず反落。前週末に反発してたアルト相場も一斉に売り優勢となった。
12:15
仮想通貨取引所の資産開示、コインベースなど報告開始
米仮想通貨取引所コインベースは資産証明についての方針を発表。FTX破綻を受けて、多くの取引所も管理する顧客資産の情報開示に関する対応を発表している。
10:00
プーチン大統領、仮想通貨の必要性を語る
ロシアのプーチン大統領は、デジタル通貨と分散型台帳の技術を使用した、新たな国際決済ネットワークの必要性を呼びかけた。ロシアは仮想通貨などデジタル資産の環境整備を進めている。
11/27 日曜日
17:00
仮想通貨市場も注目のCPIとは
仮想通貨市場に影響を与えることが増えてきたCPI(消費者物価指数)について、概要や日米の違いなどをわかりやすく解説。
13:00
仮想通貨よりも有利に、株投資で賢く「節税」する方法
世界的な景気悪化・インフレ局面のいま株投資をするなら、利益を上げるだけでなく効果的な節税によって利益を守ることも重要です。本記事では、株投資について発生する税金の基本から、具体的な節税方法まで詳しく見ていきましょう。
11:30
FOMC議事要旨でBTC底堅く推移、今後も米経済指標に注目を|bitbankアナリスト寄稿
国内大手取引所bitbankのアナリストが、比較的堅調だった今週のビットコインチャートを図解し今後の展望を読み解く。ビットコイン・オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊ニュース|加納JBA代表理事の税制改正要望提出に注目集まる
今週は、加納JBA代表理事が税制改正要望を提出したニュースが最も多く読まれた。このほか、仮想通貨ウォレット「メタマスク」のユーザーデータ取得に関する記事など、一週間分の情報をお届けする。
11/26 土曜日
16:35
MakerDAO、renBTCをDAI担保から除外
MakerDAOでステーブルコインDAIの担保資産からrenBTCを除外する提案がコミュニティ投票により可決された。
14:00
米マイクロストラテジー、BTC担保融資の清算ラインは?
米上場企業として仮想通貨ビットコインを最も保有しているMicroStrategy社の財務状況について、The Block Researchが分析レポートを公開した。
13:00
米規制機関、Genesis Capitalを調査か
仮想通貨レンディングサービスを提供するジェネシスキャピタルは、証券法違反などについて米国の規制機関から調査を受けている。同社はFTX破綻の影響を受けて選択肢を模索しているところだ。
10:30
米SECに書簡提出した議員ら、FTXから寄付金受け取り
米証券取引委員会に対して仮想通貨企業への過度な調査を批判する書簡を提出した議員らは、FTXから寄付金を受けていた。政治と企業の癒着という観点からFTX破綻を見る向きもある。
09:45
Ardana Labs、カルダノのステーブルコイン開発停止へ
カルダノ(ADA)基盤のステーブルコインの一つを開発してきた「Ardana Labs」が、資金調達とプロジェクトのタイムラインの不確実性を理由にプロジェクト停止を発表した。
07:50
バイナンス、16通貨ペアを廃止へ
仮想通貨取引所バイナンスは16の通貨ペアの提供を廃止する予定だ。セラムやネムが含まれた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/11/29 19:00 ~ 21:00
東京 東京都港区六本木
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
重要指標
一覧
新着指標
一覧