ひどく強気なビットコイン相場、見え隠れする富裕層の存在

仮想通貨市場とBTC(ビットコイン)

13日の暗号資産(仮想通貨)市場。ビットコイン(BTC)価格は、前日比+4.95%の172.8万円(16,480ドル)に。 年初来高値を更新して続伸した。

富裕層の資金流入が顕著に

仮想通貨ヘッジファンドAdaptive Capitalのウィリー・ウー(@woonomic)氏は、 156,000人のフォロワーに対して「誰がこのラリーを仕掛けたのか?」と疑問を投げかけ、「それは、富裕層によるsmart moneyだ」と指摘した。

smart moneyは、大口投資家の”賢い資金”を示す。ウィリー・ウー氏の発言を裏付けるように、BTC高騰の過程で平均取引額は大幅上昇しており、その傾向は大口の好む、取引所を介さない市場外のOTC(相対)取引にも表れている。

重要なのは、新たなsmart moneyが流入している点だ。

新規smart money比

これは、過去の相場と比較しても、証拠金(レバレッジ)取引による個人投資家主体のデリバティブ市場の金利推移に過熱感がなく、機関投資家を含む現物買いが旺盛である点にも符号が一致する。

オレンジ色の線は、オンチェーンデータにおける、時間あたりの新規投資家割合を示すものだが、ウィリー・ウー氏は「ここまで有機的な価格変動は、何年も目の当たりにした記憶がない。ひどく強気だ」と指摘。短期的には調整が必要だと思われるものの、大相場の入り口である”ステルスフェーズ”に過ぎないとの見方を示した。

クジラの動向

仮想通貨・ブロックチェーンのデータ分析サイトCryptoQuantのKiYoung Ju CEOは、提供する「取引所クジラ指標(exchange whale ratio)」の1日平均において、85%を超えると要修正レベル。90%超はダンプ(大量売り)の懸念が強まる警戒レベルにあると指摘した。

現在は、85%を超える水準にある。

コロナショックが世界の株式市場を震撼させた20年3月12日、CryptoQuantの「All Exchanges Inflow Mean」インジケーターは、過去最高水準となる3.0に達した。

All Exchanges Inflow Mean

当時のビットコインは、デリバティブ最大手BitMEXで大量ロスカットを引き起こし、3,596ドルまで暴落した。

関連:ビットコイン大暴落、BitMEXで68,000BTCの大規模ロスカット

All Exchanges Inflow Meanは、クジラによる仮想通貨取引所へのインフロー(資金流入)超過を表しており、保有資産の売り圧力を示唆している。同指標における11月11日時点の7日平均移動線は2.0水準まで上昇しており、高騰局面で大口投資家の一部が利確に動き出していることを示している。

ここのところのBTC価格急騰の反動で、大幅調整を警戒する声も少なくない。

なお、BTCのオンチェーンメトリックとして重視されるアクティブアドレス数は18年1月以来の高水準を記録。ファンダメンタルズの強さを後押ししている。

出典:Glassnode

オンチェーンデータ史上、アクティブアドレスが100万を超えたのは、わずか1.5か月に過ぎない。

関連:170万円を超えたビットコイン、過去最高値更新が現実視される理由


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します