速報 イーサリアム2.0、最速ローンチ実現へ──12月1日にビーコンチェーン実装目処

イーサリアム2.0、最速ローンチ実現へ

最短ローンチ日時に設定されていた12月1日に、イーサリアム2.0がローンチする目処が立った。

イーサリアム2.0のブロックチェーンに当たる「ビーコンチェーン」を安全に稼働させるために必要な条件に設定されたしきい値:524,288ETHに、24日達した。(launchpad.ethereum.org参照)

12月1日にビーコンチェーンを実装するためには、7日前の24日までに規定数に達する必要があったが、それを期間内に超えたことを意味する。

イーサリアム財団が示す今後のロードマップは以下の通りで、12月1日に実装予定のビーコンチェーンは、その最初の段階に当たるフェーズ0だ。

  • フェーズ0:2020年(バリデータを管理する「ビーコンチェーン/Beacon Chain」実装)
  • フェーズ1:2021年(ユーザーが利用する「シャードチェーン」実装)
  • フェーズ1.5:2021年(シャードチェーン・メインネット稼働、PoS移行)
  • フェーズ2:2021年〜(シャードチェーンの全稼働)

イーサリアム2.0は、コンセンサスアルゴリズム「PoS」への移行や、バーチャルマシンの変更、シャーディング等を含む大規模なアップデートだ。DeFi(分散型金融)市場が急拡大する中で必要なネットワークの処理速度(=スケーラビリティ問題)を大きく改善する可能性のある仕様変更でもある。

イーサリアム2.0のフェーズ0が実装された後も、一定期間は現行イーサリアムと並行してネットワークが維持され、マイニングで維持されるPoWチェーンと、ステーキングで維持されるPoSチェーンが運用されることになる。(最終的には移行)

市況について:イーサリアム・XRP、年間騰落率でビットコイン超え──高騰要因は?

イーサリアム・XRP、年間騰落率でビットコイン超え──高騰要因は?
21日からの3連休、仮想通貨市場はアルトコイン市場が騰勢を強め、時価総額が2兆円を突破した。対円相場でイーサリアム(ETH)が6万円、XRP(リップル)が60円台に乗り、年間騰落率でビットコイン(BTC)のパフォーマンスを上回るなど、投資家のリスク選好地合いも強まりつつある。
24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します