ビットコイン、米大手経済新聞「ウォール・ストリート・ジャーナル」の一面に

ウォールストリートジャーナルにビットコイン

暗号資産(仮想通貨)ビットコインに関する記事が、11月23日版の米大手経済新聞「ウォール・ストリート・ジャーナル」の一面に記載されたことがわかった。

記事内では、ビットコイン価格が過去最高値の2万ドルに近づいている点について、ヘッジファンド界の大御所であるPaul Tudor Jones氏やStanley Druckenmiller氏らがビットコイン保有を明らかにしていることなどが、投資家の参入に拍車をかけたと説明。

Square社のCash Appによるビットコイン売買が19年度全体で55億ドルだったのに対し、20年は第2四半期(1/4の期間)だけで16億ドルに到達していたことから、ビットコイン取引のアクセスの容易さも上昇相場の要因の一つとの見解を示した。

同紙は、米株式市場におけるテスラ株などの高騰事例や、3年前の仮想通貨バブルでのSNS効果なども比較している。

著者:Noah Sakamaki

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します