中国雲南、仮想通貨マイナーへ電力停止を通知=Wu Blockchain

中国の最新動向

中国事情に詳しい有識者のWu Blockchain氏は1日、雲南省宝山市の電力会社が仮想通貨採掘業者への電力提供を停止する旨を伝える通知を発出されたとする内容を自身が入手した資料と併せて、SNSに投稿した。

同通知は、11月30日に発出されたもので、「宝山電力会社」が12月1日の0時より電力供給を停止する予定であることを伝えている。具体的な理由は説明していないが、「サードパーティのデータセンター」を対象としている。中国では一般的に、仮想通貨のマイニングファームを「データセンター」とする表記が用いられる。

Wu Blockchainによると、宝山市で運営する一部の仮想通貨採掘業者も通知を受けているという。中国の電力会社の多くは、国営または地域政府が運営しており、通知内容に違反した発電所には罰則が科されるとしている。

雲南省は、四川と新疆に次ぐ中国の3〜4番目の規模に相当する仮想通貨採掘の中心地だ。

Wu Blockchainは今回の県について、「過剰に心配することはないだろう。電力会社は基本、政治的圧力ではなく、あくまで経済的視点(収益やビジネス目的)で動いているわけだ」と説明した。

現時点では、ビットコインハッシュレートへの影響は確認されていない。一方、四川省の6月〜10月の豊水期が終わり、一部の業者は新疆や内モンゴル、海外などに事業を移している現状だ。

関連中国・四川の豊水シーズン終了、ビットコイン難易度調整は下半期最大の易化予想

著者:菊谷ルイス

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します