CoinPostで今最も読まれています

ビットコインが還元されるVisaカード、BlockFiが発行

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「カード決済でビットコインをキャッシュバック」

暗号資産(仮想通貨)貸付サービスを提供するBlockFiが、Visaクレジットカードを発行することが判明した。決済額に対してビットコイン(BTC)で報酬が還元されるクレジットカードを展開する。

現在はウェイティングリストへの登録を受け付けており、2021年春よりユーザーへの発送を開始する。当初は米国のみで利用可能だが、将来的には他の地域にも拡大する姿勢であることを示した。

BlockFiは米ニュージャージー、イギリス、シンガポール、アルゼンチン、ポーランドにオフィスを構えており、そのプラットフォームでは、20億ドル(約2085億円)を超える資産が管理されている。

同カードを介したすべてのトランザクションに対して、ビットコインで一律1.5%がキャッシュバックされる仕組みだ。また、最初の3か月で3000ドル(約31万円)以上のカード決済を行うと、ビットコインで250ドル(約2万6000円)のボーナスが付与される。カードの年会費は200ドルのため、差分で50ドル分還元される計算だ。

還元されたビットコインは、ユーザーのBlockFiアカウントに自動的にデポジットされ、貸し出し、取引、借り入れの担保、さらに外部ウォレットへの引き出しなど、さまざまな目的に使用できるようになる。

またカードには、BlockFiプラットフォーム内外での特典や機能なども順次追加していく予定だという。

BlockFiのCEO兼創設者Zac Prince氏は、次のように述べた。

当社の製品スイートにクレジットカードを追加し、より幅広い消費者がビットコインにアクセスできるようになることを嬉しく思う。このカードを使用すると、消費や投資の習慣を変えることなく、新しい資産クラスへのエクスポージャーを簡単かつリスクなしで獲得することが可能となる。

Visaは仮想通貨企業への間口を拡大

今回のクレジットカード立ち上げとその後の展開を促進するために、BlockFiはVisaの提供する「ファストトラックプログラム」に参加した。これにより、Visaプラットフォームとの統合プロセスをスピードアップし、Visaが提供するネットワーク、機能、セキュリティをより簡単に活用することができる。

Visaは、仮想通貨分野への事業拡大と同時に、Visaの基盤を活かした迅速な事業立ち上げを支援する「ファストトラックプログラム」の範囲を広め、より多くのフィンテック企業が参加できるようにした。

仮想通貨関係ではこれまでにも、決済サービスCrypto.comや大手オンライン取引プラットフォームeToroが、パートナーとして承認されている。

ウォレットプロバイダーZenGo、大手仮想通貨取引所コインベース、P2P取引所Paxfulなど様々な仮想通貨企業もすでにVisaカードを発行しており、Visaは仮想通貨ウォレットに保管されている仮想通貨を使ってVisa加盟店で決済を可能にするサービスを25社と提携して行っている。

VisaのAlfred Kelly CEOは米メディアCNBCのイベントの席で、仮想通貨の将来性を語り、取引の対象となるコモディティではなく、決済手段としての仮想通貨に注目していると話した。

関連: クレカ最大手Visa CEO「コモディティではなく決済面での仮想通貨に注目」

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12:26
FTXグループ、7400億円規模の投資先リスト公開
フィナンシャルタイムズが破綻した大手仮想通貨取引所FTXとアラメダリサーチの投資先リストを公開した。流動性の不十分な投資への出資額は合計は7400億円に上る。
12:05
パラグアイ議会、仮想通貨マイニング関連の法案を否決
パラグアイ共和国の下院議会は、ビットコインなど仮想通貨マイニングの税制と規制の枠組みを作るための法案を否決した。電力消費などが懸念されていた形だ。
11:55
ビットコイン採掘難度は大幅下落、ChatGPT流行でAI銘柄に思惑買い
FTX破綻で軟調な相場環境を受けビットコイン採掘難度調整は大幅下落。TwitterでChatGPTが高い関心を集めたことでAI(人工知能)銘柄が物色された。
10:50
フォビジャパン Japan Open ChainのIEO実施を計画
暗号資産取引所フォビジャパンは7日、IEOの実施計画を発表した。
10:30
英財務省、仮想通貨に対する追加規制を策定か
英国財務省は、仮想通貨の販売や広告などを管理する包括的な規制パッケージを策定しているところだ。金融サービス・市場法案の一部として構想しているとみられる。
09:48
経産省、NFTの実証事業イベント開催へ
経産省は、NFTとメタバースの実証事業イベント第一弾を12日に実施する。NFTを通じたイベント空間への入場やプラットフォーム間の連携を実証して、技術的課題の整理を行う。
08:20
メタマスク、顧客データの保存期間を制限へ
仮想通貨ウォレット「Metamask」を開発する米ConsenSysは、RPCノードが顧客のデータを保存する期間を7日に制限する意向を示した。
07:50
米コインベース、3銘柄の新規取扱いを実施
米国の大手暗号資産取引所コインベースは7日、NFT関連銘柄を含む3銘柄の新規上場を実施した。
07:28
ワーナー・ミュージック、ポリゴンと提携
米音楽エンターテインメント企業のワーナー・ミュージックは、ポリゴン、LGND.ioとパートナーシップを締結。仮想通貨に馴染みのないファン層も対象にしてNFT音楽プラットフォームをローンチする。
07:00
7日朝|NYダウ・仮想通貨関連株全面安
今日のニューヨークダウは米連邦準備制度理事会の利上げが長期化し景気が悪化するとの懸念が根強く大幅に続落し一時500ドルを超えた。仮想通貨・ブロックチェーン関連株も全面安になった。
12/06 火曜日
18:03
ゴールドマンサックス、仮想通貨企業の買収に意欲=報道
金融大手ゴールドマンサックスが不特定多数の仮想通貨関連企業の買収を検討していることがわかった。デジタル資産部門の責任者は、インタビューで長期視点では将来性を評価する姿勢を崩していないと語った。
17:28
Maple Finance、FTX破綻の余波で42億円の不良債権か
DeFi融資プラットフォームMaple Financeは、ヘッジファンドOrthogonal Tradingが債務超過に陥り、M11 Creditが約42億円の不良債権を負ったことを発表した。
14:45
ブテリン氏が期待寄せるイーサリアムの活用法5選
イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏はブログで、イーサリアムのエコシステムの中で最も「エキサイティング」だと考えるユースケースを五つ選んで紹介した。
14:19
分散型永久オプション市場「Panoptic」、6億円を調達
イーサリアムブロックチェーン上で永久オプションを構築するDeFi(分散型金融)プロトコル「Panoptic」は、約6億円を調達したことを発表した。gumi Cryptos Capitalがリードインベスターを務めた。
13:30
Oasys、戦略的投資ラウンドとパブリックセール完了
日本発のゲーム特化型ブロックチェーンプロジェクトOasys(OAS)は戦略的投資ラウンドとパブリックトークンセールの完了を発表。MZ Web3 ファンドやNexonなどが出資ラウンドに参加した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧