bitFlyer、仮想通貨テゾス(XTZ)の取扱い開始──国内初

日本の大手仮想通貨取引所bitFlyerは8日、アルトコイン販売所で新たに仮想通貨テゾス(XTZ)の取扱いを開始した。

テゾスは、CoinMarketCapで時価総額19位の上位通貨。bitFlyerの新規アルトコインの採用は、2020年8月6日のステラルーメン(XLM)とネム(XEM)以来、4ヶ月ぶり。テゾスの取扱い事例は、国内初だ。

テゾスは、スマートコントラクトや分散型アプリケーションでの利用に適したブロックチェーンプラットフォーム。直近では各国の取引所がテゾス(XTZ)ステーキングのサービスを開始しており、国内でも実現する可能性がある。

テゾスの特徴など詳細はこちら。

関連:仮想通貨 Tezos(XTZ)とは|今後の将来性について

著者:S.Ninomiya

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します