CoinPostで今最も読まれています

マウントゴックス元CEO:10億ドル以上の資産獲得は「不愉快な結末」

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

マウントゴックス元CEOがreddit上でコメント
マウントゴックス元CEOマルク・カルプレス氏は、「マウントゴックスの株主が16万BTC以上を持ち去るのは不愉快な結末だ。私はそんなことは望んでいないし、この10億ドル(約1,000億円)を欲していない」と発言しました。
マウントゴックス事件の流れと現在問題になっている点
マウントゴックス社は2018年3月5日時点でビットコインとビットコインキャッシュをそれぞれ約16万BTC、BCH(現在の相場で約1200億円以上)を保有しています。前回400億円以上の資産が放出されたことで仮想通貨市場に影響を与えた可能性があるため、この資産の行方が注目されています。

マウントゴックスCEOがreddit上でコメント

昨日、マウントゴックス元CEOマルク・カルプレス氏がreddit上でコメントを残しました。

同氏は日本の破産法の仕組み上、債権者への支払いが完了後に残った資産は株主へ分配されると述べ、そのことについて以下のように言及しました。

「マウントゴックスの株主が16万BTC以上を持ち去るのは不愉快な結末だ。私はそんなことは望んでいないし、この10億ドルを欲していない」

この発言に対し、多くのユーザーはマウントゴックスの管財人が大量のBTCを売却したことなどに触れ、批判しています。

マウントゴックス事件について

2014年に起こった、コインチェック事件が起こるまで、最大の流出事件だったのがMtGox社事件です。

当時、ハッキング攻撃を受けて、保有していた85万ビットコイン(当時相場で480億円相当)が盗まれました

その影響を受け、MtGox社は破産、速やかに顧客への補償が行われたコインチェックとは異なり、現時点でも顧客への補償の目処はたっていません。

そんなMtGox社の周囲で、ここ数か月にわかに信じられないような話題が持ち上がっています。

それは依然としてマウントゴックス社が(現在の仮想通貨市場価格で)1200億円超ほどの資産を有していること、そして2017年12月200万円台まで高騰したビットコイン急落の影響はMtGoxの破産管理財団のある行動に影響を受けているのではないか、と言われているのです。

仮想通貨市場の暴落続く:下落原因5選まとめ
仮想通貨全体の価格が暴落しています。ビットコインの価格は、6日時点で125万円と最安値から約2倍の価格に到達後、反落しJPY/BTCを扱う日本取引所の中でも100万円を切る取引所も確認されました。下落原因を考察します。

当事者である、元CEOマルク・カルプレス氏の現在やこの騒動で話題になった、MtGox社の管財人を務める小林信明氏がどのような人物であるのかといった点からこの問題をみていきたいと思います。

カルプレス氏の経歴

MtGox社のCEOを務め、プログラマーでもあるマルク・カルプレス氏はビットコインの創設期から仮想通貨業界に関わっています。

仮想通貨取引所運営による膨大な利益

ビットコイン創設期に携わった人間の中には主に、仮想通貨の基幹技術ブロックチェーンによってもたらされる未来に魅力を感じたグループと投資資材としての魅力を感じたグループがあると言われています。

マルク・カルプレス氏やアメリカで最大規模の取引所であるCoinbaseの創設者であるBrian Armstrong氏は後者に当たり、取引所を運営莫大な資産を得るようになります。

Brian Armstrong氏は、フォーブス氏が算出した仮想通貨億万長者番付6位としてランキングされ、推定ではありますが10億ドル(約1100億円)ほどの資産を有しているとされているのです。

彼らが大規模な仮想通貨取引所を運営したことにより、仮想通貨の取引が容易になり市場規模が拡大したことは紛れもない事実でしょう。

マウントゴックス事件後の流れ

カルプレス氏が運営していたMtGox社は、比較的初期に設立された仮想通貨取引所ということもあり、事件が起こるまでは世界最大規模の取引量を誇っていました。

ただ、2014年に80万ビットコイン(当時480億相当)がハッキング攻撃により流出、20万ビットコインは取り戻しましたが、これだけでは顧客の資産を補償することができず、結果として破産することとなりました。

MtGox社が日本に拠点を置いていたということ、そして会見を行うカルプレス氏の姿が話題になり、日本国内でも仮想通貨に興味がある人以外にも仮想通貨が広まりました。

ただ、この時の影響で仮想通貨=怪しいという図式が仮想通貨を詳しく知らない層に広まったことも事実でしょう。

破産に向けた会見ののち、流出が明らかになる以前から断続的にMtGox社からビットコインが失われていたこと、カルプレス氏が自身でビットコイン手を付けていたのではないか、つまり横領したのではないかなど様々な憶測が飛び交いました。

その後実際に自身の口座水増しや、横領の疑義によって起訴され、事件から4年たった現在でも公判は続いています。

一貫してカルプレス氏は無罪を主張していますが、依然として事件の全貌は明らかになっていません。

カルプレス氏は現在、社長業を退き、プログラマーとして一般企業に勤めているようです。

事件の進展がBTC価格に影響

その後、MtGox社の管財人を務める小林信明氏が、2017年の9月から断続的に保有していたMtGox社が保有していた20万ビットコインそして、それに付随するビットコインキャッシュのうち400億円相当を売りに出していたことが3月7日に東京地裁に提出した報告書で明らかになりました。

この流れが、2017年の年末にかけて起こった、ビットコイン価格の急騰、そして急落の流れに沿っており、価格に影響を与えたのではないかという疑惑が持ち上がりました。

残る約1200億円以上の資金の行方は

MtGox社は、2018年3月5日時点でビットコインとビットコインキャッシュをそれぞれ約16万BTC、BCH分(現在の相場で約1200億円以上)保有しています。

MtGox社は破産申請したとは言え、現在の市場価格の高騰を受け保有資産から補償が可能であると判断した債権者の要望を受け2017年には民事再生手続きの申し立てをしたばかりです。

現在市場価格が1200億円以上になっているこの資産の行方にも注目が集まっています。

なぜなら、現状2014年のハッキング被害の補償が十分に可能(損失額は当時相場で480億円相当)だからです。

問題はそれだけではありません。

現在MtGox社が認められている破産手続きでは、当時の法定通貨分しか支払いがなされません。

つまり失った分のビットコインが返ってくるわけではないのです。

こうなると補償後その余剰となった資産はカルプレス氏など経営陣の手に渡ってしまう可能性があるのです。

カルプレス氏自身はこうした注目の高まりを受け、上記でも触れた通りredditを通じて自身の思いを伝えました。

そこには日本の破産法の仕組みと、自身がこの莫大な富を保有するつもりはないこと、顧客への返済を第一に考えていることがつづられています。

しかしながら、破産時の対応、現在まで補償が完了していないことから、MtGox社、そしてそのCEOであったカルプレス氏への風向きは強くなっています。

redditでも多数の批判的なコメントが寄せられました。

破産管理財団の小林氏とは

そんな事件の影響を受けているのは何もカルプレス氏だけではありません。

破産管理財団の管財人を務める弁護し小林信明氏にもその火の粉は降りかかっています。

小林信明氏は中央大学法学部卒の弁護士で、企業の再生や倒産に関する案件を中心に腕尾振るう弁護士です。

今回の一連の売却はあくまで、債権者や破産申請、民事再生手続きの申請を受け付けた東京地裁との協議によるもの、あくまで業務の一環になっています。

ですが、2017年9月から2018年3月8日にまで行われたMtGox社の債権者補償のために設けられた資産売買の流れが、ビットコイン価格の高騰、そして急落の流れに沿っており、ビットコインの価格に影響を及ぼした人物として注目を集めるだけでなく、批判の対象となってしまっています。

小林氏自身は市場への影響を否定していますが、400億規模の売買は市場に影響を与えたと考えられてもおかしくないほどの規模です。

このことが市場に与える影響は今のところわかりませんが、投機目的のユーザーが多い仮想通貨市場で、大規模な資金流出が何らかの影響を与える可能性はゼロではないでしょう。

MtGox事件の補償はどうなる?

このような状況にあるMtGox社は、繰り返しになりますが、現時点でしっかりと顧客に補償が行われているわけではありません。

依然として見通しの立っていない状況に変わりはないのです。

資産について公開されたときの今回のような紛糾もこうした補償への道筋が不透明であることに由来しているでしょう。

これまでに明らかになっている情報によれば資産を放出して顧客の補償に充てていくであろうことが予想されます。

こうなると、日本円で資産は戻ってきますが、失われた分のビットコインは戻ってきません。

その一方でMtGox社が民事再生手続きを申請していることも事実です。

この民事再生手続きの申請が認められるかどうかが、今後の補償手続きの流れを決めるでしょう。

ビットコイン創設期の取引所、そしてそれを運営していたカルプレス氏の今後を注目して見守っていく必要があります。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/03 土曜日
15:00
アリババクラウド、アバランチのインフラ提供をサポート
Alibaba Cloudは、バリデーターの設置用途を含む、各種インフラストラクチャーの提供でアバランチブロックチェーンをサポートすることを発表した。
14:00
スリーアローズキャピタル清算人、資産掌握状況を報告
スリーアローズキャピタルの清算人企業は、清算プロセスの進捗状況を報告。現金、仮想通貨、NFT、証券などの資産を掌握したと発表した。
12:30
日本 仮想通貨マネロン関連のFATF勧告対応法案が成立
マネーロンダリング対策を目的として、犯罪収益移転防止法などに関連する6つの法律の改正案が参院本会議で可決、成立した。
11:30
FTX US前CEO、新たな仮想通貨事業で資金調達か
FTX USのブレット・ハリソン前CEOは新たな仮想通貨トレーディング関連のソフトウェア企業のために資金調達を始めたようだ。
11:00
米司法省、FTXを調査する独立審査官の任命を要請
米国司法省の連邦管財官事務所は、仮想通貨取引所FTXの破綻に関して審査官を任命することを申し立てた。独立した立場から、FTXの不正行為疑惑などを調査する必要があるとしている。
10:00
Ankrプロトコルへの攻撃、20億円の二次被害
仮想通貨BNBを担保に発行する「ラップドBNB(aBNBc)」が、不正に発行されたAnkrプロトコルへのハッキング事件で、20億円規模の二次被害が明らかになった。
08:10
米コインベース、3銘柄を上場候補に
米国の大手仮想通貨取引所コインベースは3日、上場候補のロードマップに3銘柄を追加した。
07:30
バイナンスラボ、Ambit Financeに6億円出資
バイナンスラボは、Ambit Financeに最大6億円の戦略的投資を行ったことを発表。BNBチェーン上のDeFi領域を発展させ、BUSDなどの仮想通貨の実用性向上を目指す。
07:12
3日朝|ArbitrumのDeFi銘柄が続伸
今日のニューヨークダウ平均横ばいで仮想通貨・ブロックチェーン関連株は全面高。昨夜発表の11月の米雇用統計結果などの指標はFRBの利上げの効果を示さなかった。
12/02 金曜日
15:56
三菱UFJ信託銀行ら、ステーブルコインの実証検証へ
三菱UFJ信託銀行株式会社は、同社が主催する「デジタルアセット共創コンソーシアム(DCC)」に、「パーミッションレス型ステーブルコイン・ワーキンググループ」を設置したことを発表した。
15:07
チェーンリンク(LINK)、ステーキング実装へ
分散型オラクルネットワークのチェーンリンクについて、待望のステーキング機能が12月6日に実装されることが明らかになった。仮想通貨LINKの価格は過去2週間で22%上昇している。
14:00
FTX破綻問題巡る公聴会 米CFTC委員長が証言
FTXの破綻に関する公聴会が米上院農業委員会で開催され、商品先物取引委員会のロスティン・ベーナム委員長が証言を行った。ベーナム氏は包括的な規制権限をCFTCに付与するよう議会に求めた。
12:54
BNB代替資産が無限発行か、Ankrプロトコルへの侵害で
仮想通貨BNBを担保に発行する「ラップドBNB」が、ほとんど無限に発行されて、売却される事態が起きた。AnkrProtocolがプロトコル侵害のターゲットとされた模様。
12:45
ビットバンク、国内初のAXS取り扱いへ
国内仮想通貨取引所ビットバンクはNFTゲーム銘柄「アクシーインフィニティ」(AXS)の取り扱い開始を発表。国内では初の上場事例となる。
12:14
BTC17000ドル前後推移、バイナンスIEO上場のHOOKに関心集まる
暗号資産(仮想通貨)相場はやや反落。バイナンスローンチパッドで上場したHooked Protocol(HOOK)が、プレセール価格から20倍以上高騰して

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧