米グレースケール、仮想通貨XRP投資信託を廃止

XRP Trustが廃止へ

米最大手仮想通貨投資企業グレースケールがXRP投資信託「XRP Trust」の廃止を発表した。

SECとリップル社の訴訟を背景に、グレースケールは「多くの米国取引所がXRPの取引を停止しており、XRPを米ドルに換金できない恐れがあるため、XRP投資信託を廃止した」と説明。また、XRP TrustのXRPのポジションをすでに清算し、それらの現金受取額(net cash proceeds)を株主(投資者)に分配する予定だとしている。

同社はXRP Trustで約12億円に相当するXRP資産を運用していたが、本日の運用資産データでも、XRP Trustはリストから除外されたことが確認できた。

グレースケールはすでに先日、XRPを投資信託「Digital Large Cap Fund」から除外していた。Digital Large Cap Fundとは、時価総額上位の銘柄で組成される投資信託で、XRPのほか、ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、ビットコインキャッシュがある。当時グレースケールは当ファンドで運用していたXRPのポジションを清算し、売却した資金をビットコイン、イーサリアムなど4銘柄に充当し買増ししたという。

関連グレースケール、仮想通貨XRPを「Digital Large Cap Fund」から除外

国内外の取引所やファンドのXRP対応状況はこちらで確認できる。

著者:菊谷ルイス
参考:グレースケール

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します