CoinPostで今最も読まれています

インターネットを安全に利用するためのVPN活用ガイド|オーキッド(Orchid)寄稿

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

VPNとプライバシー

VPNは、オンラインプライバシー保護に不可欠なツールです。しかし、どのくらいの頻度でプライバシーソリューションを利用すべきなのでしょうか?いつVPNに接続すべきで、いつ接続を解除すべきなのでしょうか?常にVPNに接続しておくべきなのでしょうか?それとも、無防備にインターネット上のサイトを閲覧しても安全だと確信できる状況はあるのでしょうか?

最も安全なのは、常時VPNに接続しておくことです。しかしこれは、時と場合によっては、不可能または実用的ではない可能性があります。例えば、通信速度は、VPNユーザーが最もよく出くわす障壁の一つです。VPN遅延にはいくつかの理由がありますが、単純に多くの人が同時にインターネット上のコンテンツにアクセスすることにより、帯域幅に負担がかかりすぎていることが、最も可能性の高い原因です。

とりわけ、パンデミックの渦中にて、自宅で仕事学習、および娯楽を享受する人口が増加したことにより、インターネット通信料が急増し、平均通信速度が世界的に遅くなっています。VPNにかかるコストもまた、実用的ではない理由の一つです。

本記事では、VPNを利用すべき時について最良の判断を下せるよう、様々なVPNのユースケース、およびそれらに伴うリスクについて概説します。

VPNが必要な時

個人の好み、趣向および基準にかかわらず、常にVPNに接続しておいた方がいいアクティビティがいくつかあります。このような慎重に行うべきアクティビティをVPNの保護なしに実施した場合、データが失われた、盗用された、または操作された場合、ユーザーは煩わしく、修復不可能かもしれない損害を被る可能性があります。

プライバシーを強化し、セキュリティを脅かす可能性のあるリスクから自身を保護するために、VPNが不可欠な主要分野の一つが、金融です。銀行業務は、私たちの生活、生計およびデジタルアイデンティティの基礎となっており、重要であると同時に、扱いに注意を払うべき機能です。個人の金融情報が漏洩および誤用されることは、私たちがオンラインで直面している脅威の中でも特に深刻なものであるため、利用できる全てのツールを利用し、自身のプライバシーを保護することが非常に重要です。

銀行業務にVPNを使用することは、動画のストリーミング、またはウェブサイト閲覧などのアクティビティにVPNを使用することとは異なっています。VPNを介してオンラインで銀行を利用する場合、私たちは単にCookie(クッキー)やファイアウォールを避けているだけではありません。

金融のように、特に注意を要する機能を利用する際にプライバシーツールを用いることにより、私たちはデータを積極的に保護しようとしています。VPNに接続することにより、パスワード、政府発行の身分証明書および個人の経歴を違法に入手しようとしている人たちから、そのような情報を守ることができます。

悪意ある人々は、常に機密情報へのアクセスを企てています。セキュリティの甘いパブリックWi-Fiネットワークには、特に目を光らせておくべき脅威が存在しています。犯罪者は、このようなネットワークを操作することにより、同じ時に同じネットワークにVPNなしで接続している人なら誰でも、簡単にハッキングしてしまいます。

だからこそ、パブリックまたはセキュリティ対策がとられていない、ワイヤレスのネットワークからインターネットへアクセスする際は、常にVPNを利用すべきなのです。強力なプライバシーツールを介したトラフィックは、ハッカーであっても簡単には解読できません。VPNを利用することにより、銀行口座の確認や機密のビジネス連絡など注意が必要なアクティビティを、空港やカフェなどのWi-Fiを介して行うことができます。

おそらく一般的にハッカーは、個人情報よりも職場の機密データをターゲットにしているでしょう。行政機関などの場合、国家機密が最もリスクに晒されており、データが盗まれてしまうと、法律面で複雑な影響が生じる可能性があります。大企業の場合、十分なプライバシー対策が講じられなければ、何百万ドルものお金、重要情報、および何年にもわたる努力が脅かされてしまいます。単にウェブサイトを何度も訪れたことにより怪しいと判断され、重要な調査の主題を、意図せずに漏洩してしまったジャーナリストもいます。

リスクがそこまで高くない状況

以上で見てきたように、金融および職場の機密データを取り扱う際や、セキュリティの甘いネットワークに接続する際など、強力なプライバシーツールなしでは、インターネットに接続すべきでない状況がある一方、VPNなしでもリスクがそこまで高くはない場合も存在しています。

メッセージ送信、道順の確認、およびショッピング等では、比較的危険度が低いと考えられています。これらのアクティビティでは、状況にもよりますが、VPNを使わなくてもそこまでリスクが高くありません。しかし、機密情報を共有する際に、絶対に安全ということはありません。例えば、クレジットカード情報を入力しオンライン決済を行う際は、常に細心の注意を払いましょう。

最後に、VPNなしでも基本的なプライバシー対策は実践すべきです。何よりもまず重要なのが、プライバシー保護に尽力しているウェブブラウザを利用することです。これに適した選択肢の一つが、MozillaのFirefoxです。FirefoxのHTTPS Everywhereというプラグインにより、ブラウザでは、通常暗号化されていないウェブサイトの暗号化が強制的に行われます。さらに、常にhttpsに接続することにより、最新のプライバシー基準に従っていることが保証されています。

自分のプライバシーは自分で守る

私たちは、プライバシーに関する決定権を持っています。広範囲に及ぶ監視、追跡およびデータ共有ができるよう、インターネットは最適化されてきました。このような情報収集は、アプリのダウンロードからメッセージ送信および送金に至るまで、想像しうる全ての側面で行われており、中には比較的被害の少ない場合もあるでしょう。

しかし、たとえリスクの低い状況においても、データが悪の手に渡ってしまった場合、私たちの情報は危険に晒されてしまいます。機密な金融または職務データなどを取り扱うインターネット上の行為においては、強力なプライバシー保護ツールを利用しない限り、絶対に安全とは言い切れません。

関連:「広告主は私たちよりも先に私たちが欲しいものを知っている」 オーキッドがプライバシー保護に助言

関連:ウェブサイトの閲覧履歴を完全に消去する方法|オーキッド(Orchid)寄稿

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/04 土曜日
15:00
ビットコイン・レイク体験記寄稿3
ビットコインが法定通貨になったエルサルバドルを訪問し、街での買い物や地元民との交流を元に執筆された、ビットコイン研究所の練木照子氏による寄稿記事。エルサルバドルにおけるギャング対策について言及。
15:00
イーサ「再ステーキング」企業、EigenLayerが65億円調達へ
仮想通貨イーサリアムの“再ステーキング”プロトコルEigenLayerが、65億円の資金調達を進めている。イーサリアムのバリデーターにとって、ステーキング報酬を2重に得られるため、資本効率を高める手段として期待される。
13:00
バイナンス CBDCテストにBNBチェーンの環境を提供
バイナンスとカザフスタンがCBDCで協力して実証実験を行うことが決まった。カザフスタンのCBDCは現在実証実験の段階にある。
11:00
バイナンス、韓国市場へ再進出 GOPAX株式取得で
最大手仮想通貨取引所バイナンスは、韓国市場へ再進出すると発表した。取引所GOPAX株式の多くを取得した格好だ。また、インドWazirXへのウォレット提供を止めることも報告している。
10:05
イーロン、ツイッターの収益シェア導入を発表
米ツイッター社のイーロン・マスクCEOは、広告収益の分配を有料ユーザー向けに開始したことを発表した。Twitter Blueプラン加入ユーザーのみが対象。返信欄で表示される広告の収益の一部を受け取ることとなる。
08:26
グーグル親会社「企業のミッション達成にAIは非常に重要」
グーグルの親会社アルファベットは、2023年1月分の決算報告から、AI事業の一部に関する記載を明確化すると説明。この変化は、アルファベットがAI事業を強化していることを示唆していると指摘されている。
07:25
米ナスダック・ビットコインなど反落 ドル急伸
本日のニューヨークダウやナスダックは反落。米強い雇用統計を受け米国債相場の急落に伴い利回りは急伸し、株式市場や仮想通貨市場は下落した。
02/03 金曜日
16:25
イーサリアム、上海アップグレードに向けて3回テストを予定
仮想通貨イーサリアムのコア開発者グループは定期会議を実施。メインネットでの上海アップグレードは最短で3月中旬に実施可能になるとの見解も出ている。
14:15
FTX Japanの事業売却、入札期限が延長
経営破綻した仮想通貨取引所FTXの事業売却について、日本法人「FTX Japan」などの入札プロセスが1か月ほど延長された。FTXは「合理的なビジネス上の理由」と述べており、有利な入札条件を集めるねらいがあるようだ。
13:30
史上最大4MBのビットコインNFTがミント、コミュニティは賛否両論
仮想通貨開発者のUdi Wertheimer氏は、ビットコインマイニング会社Luxor Miningの協力を得て、史上最大のBTCブロックを占めるNFTの鋳造に成功したと発表した。
12:33
メタマスク、プライバシー機能を拡張
仮想通貨ウォレット最大手Metamaskは、RPCネットワークの変更機能を設置した。また、フィッシング詐欺の検出や着信トランザクション通知などを行うサードパーティサービスを使用するトグル機能を追加した。
12:15
抵抗線で揉み合うビットコイン、移動平均線のゴールデンクロス迫る
ダウ反落を受け3日にかけて暗号資産(仮想通貨)市場も反落。ビットコインは50MA(中期移動平均線)と200MA(長期移動平均線)のゴールデンクロスが迫っている。
11:50
米マイクロストラテジー、ビットコイン保有で250億円の減損計上
米上場企業マイクロストラテジーは2022年第4四半期の決算を報告。財務資産として保有する仮想通貨ビットコインについて約254億円の減損を計上している。
10:20
米連邦地裁、コインベースに対する集団訴訟を却下 株価大幅高
米ニューヨーク南部地裁は、仮想通貨取引所コインベースに対する集団訴訟を却下した。訴訟は、コインベースが未登録証券を取り扱っていると申し立てるものだった。
09:55
AWS、Web3の人材を募集
アマゾンのクラウドサービス部門AWSは現在、Web3チームの人材を募集。また、ebayは仮想通貨やNFTに関する職種など、複数のポジションでWeb3関連の求人を行っている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2023/02/07 17:00 ~ 18:00
その他 東京都港区虎ノ門/オンライン
2023/02/09 19:00 ~ 21:00
その他 オンライン
2023/02/10 ~ 2023/02/11
その他 羽田空港第1ターミナル6階 ギャラクシーホール・5階LDHキッチン/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧