CoinPostで今最も読まれています

「ビットコインの投資比率」JPモルガンがアドバイス

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

JPモルガンのストラテジストがビットコインについて言及

米金融大手JPモルガンのアナリストが24日公開したノートによると、ビットコイン(BTC)をはじめとする暗号資産(仮想通貨)に対する姿勢を改めている様子だ。ストラテジストのJoyce Chang氏とAmy Ho氏がポートフォリオ内での1%を仮想通貨として保有するよう推奨したことをブルームバーグが報じた。

仮想通貨は株や債権などの伝統的な資産クラスの乱高下に対するヘッジ手段として好まれる傾向が強まる中、JPモルガンのストラテジストらは仮想通貨をポートフォリオの1%に留めるよう勧めているという。

複数のアセットが組み込まれるポートフォリオの中で、全体的なリスクを考慮し収益を最大化する為には、ポートフォリオ内での仮想通貨の保有率は最大1%にしたほうがよいだろう。

一方で、ビットコインをはじめとする仮想通貨はあくまで投資手段であって、マクロな出来事に対するヘッジ手段としてはファンディング通貨である日本円や米ドルを推奨した。

先月25日にはJPモルガンのストラテジストであるNikolaos Panigirtzoglou氏がビットコインの急落を受け、「4万ドル台に回復には機関投資家からの資金流入が不足している」とダウンサイドリスクを警戒していた。過去にもCEOのJamie Dimon氏を筆頭に、懐疑的な姿勢が垣間見える指摘が多かったが、今回は一転してビットコインをはじめとする仮想通貨を擁護する姿勢を見せた。

JPモルガンの変わりつつある姿勢は今月初頭、同社COOのDaniel Pinto氏からの発言からも伺えた。今月12日に行われたCNBCとのインタビューでは、ビットコインなどの仮想通貨取引を提供する事業計画の有無について、現在の需要はまだ高くないものの、「仮に1つの資産がさまざまな投資家やアセットマネージャーに採用されれば、我々も関わることになるだろう」と発言していた。

ポートフォリオ内のビットコイン

投資ポートフォリオ内でのビットコインなど仮想通貨の保有率は一般的な投資家の間でも話されているトピックだ。

これまでの仮想通貨に対する懐疑的な姿勢を改め、昨夏ビットコイン保有を明かした著名投資家のPaul Tudor Jonesは自身のポートフォリオの2%をBTCに投資している。

また英仮想通貨投資企業CoinSharesは、テック株のように大きい可能性を持つ一方、ゼロになるリスクもあることから伝統的なポートフォリオ比率60(株式)/40(米国債)から「ポートフォリオの4%」をビットコインに充てることを推奨していた。

米イェール大学の経済学部の教授2名が2018年に公開した論文では、仮想通貨への関心の有無に関わらず、投資ポートフォリオの6%、最低でも4%をビットコインに投資するべきだと述べていた。

対照的に、仮想通貨界隈ではポートフォリオの大半を仮想通貨で保有する投資家も少なくない。

仮想通貨投資アプリ「Abra」のCEOであるBill Barhydt氏は自身のポートフォリオの50%をビットコインに投資しているという。供給量が2,100万枚と限られている点、流動性が高い点やテクニカル面の他、センチメントが高まっている点などを投資比率を増やした要因として挙げた。

また著名投資家で投資リサーチ企業Real Vision社のRaoul Pal CEOは20年10月、自身の純資産の約6割をビットコインで保有していることを明らかにしていた。その後12月初めにはゴールド(金)を売却し、ビットコインを8割、イーサリアム(ETH)を2割の比率で買い増ししている。ポートフォリオの98%を仮想通貨の主要銘柄であるBTCとETHとした形だ。

ビットコインは2月も好調を維持し、アルト市場など仮想通貨市場全体が上昇相場にある中、イールドファーミングやNFT(非代替性トークン)など、DeFi(分散型金融)に特化した銘柄への注目も高まっている。今後も投資ポートフォリオ内での仮想通貨及びビットコインの比率に関する議論は続くだろう。

『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/26 日曜日
11:00
週刊仮想通貨ニュース|米SECのETH現物ETF承認に高い関心
今週は、米SECによる仮想通貨イーサリアムの現物ETF上場承認、スタンダードチャータード銀行によるイーサリアムの価格予想、STEPNの続編アプリSTEPN GOの発表に関するニュースが最も関心を集めた。
05/25 土曜日
18:00
ステーキング 主要取引所の仮想通貨別・年率報酬を徹底比較
暗号資産(仮想通貨)で受動収益(インカムゲイン)を得る、ステーキングの基礎知識から高利率銘柄、国内取引所3社のサービス比較まで徹底解説。ソラナ、イーサリアムなど注目銘柄の想定年率、レンディングとの違いも説明します。
15:00
参加型地域貢献ゲーム「ピクトレ」 Snap to Earn「SNPIT」とコラボ
参加型社会貢献ゲーム「ピクトレ」が、Snap to Earn「SNPIT」写真共有SNS「ピクティア」とコラボ。2024年6月1日から赤城山エリアで特典キャンペーンと実証試験を実施する。
14:00
秋元康氏プロデュース「IDOL3.0 PROJECT」が施策を発表、NIDT高騰
オーバースが秋元康氏プロデュースのアイドルプロジェクト「IDOL3.0 PROJECT」のWeb3.0施策を発表。暗号資産(仮想通貨)Nippon Idol Token(NIDT)が高騰した。
13:00
ビットコイン採掘会社マラソン、ケニア共和国エネルギー・石油省と協定を締結
米上場ビットコインマイニング企業マラソンは、ケニア共和国エネルギー・石油省との提携を発表した。再生可能エネルギープロジェクトに取り組む。
11:10
イーサリアムの次期アップグレード「Pectra」 25年第1四半期を目標に
イーサリアムの次期アップグレード「Pectra」に関する最新情報。開発者は2025年第1四半期末のローンチを目指して動いている。EOFやPeerDAS、EIP-7702などの新機能が含まれる見込み。イーサリアムは暗号資産(仮想通貨)ETHで駆動するブロックチェーン。
09:55
米コインベース、「超党派法案はSECの主張する管轄権を否定」と指摘
米仮想通貨取引所コインベースは米SECとの裁判で仮抗告を求める最終書面を地裁に提出。FIT21法案が下院を通過したことも議論の補強材料としている。
08:15
JPモルガン、イーサリアム現物ETFの取引開始は大統領選よりも前と予想
仮想通貨の若い投資家や起業家の票数を獲得するために方針転換したバイデン政権がSECにETFを承認するよう仕向けたといった憶測が散見されている。
07:40
ドージコインのモチーフ「かぼす」、天国へ
仮想通貨の代表的なミームコインであるドージコインのモチーフになった柴犬「かぼす」が、息を引き取ったことが飼い主から報告された。イーロン・マスク氏らが哀悼の意を表している。
07:15
アルトコイン銘柄のETFが2025年に実現の可能性、SCBアナリスト分析
CFTCとSECの管轄と権限を明確に分ける仮想通貨業界の重要な法案「FIT21」が22日に米下院で可決されたことも業界にとって追い風となっており、仮に今後法律となった場合、より多くのアルトコイン銘柄のETFがローンチされやすくなると期待されている。
06:10
コインベース、PoWとPoS併用の仮想通貨銘柄「Core」上場予定
コインベースは最近、ソラナ基盤のデリバティブ取引所DriftのDRIFTトークンの新規上場も行った。また、オフショア版コインベースインターナショナルでは、昨日BONKやFLOKIの永久先物取引も開始する予定を明かした。
05/24 金曜日
17:59
コインチェック IEO「BRIL」が注目される3つの理由
暗号資産(仮想通貨)取引所コインチェックのIEO第3弾として注目されるブリリアンクリプトトークン(BRIL)。投資家が期待する3つの理由について、過去の国内IEOとの比較や親会社コロプラの強み、需給面やロードマップなどから分析。
17:49
深刻化する仮想通貨の盗難被害を専門家が分析、リスクと対策を解説|KEKKAI共同企画
仮想通貨投資家のGrypto氏がマルウェア被害でデジタルウォレットの資金を抜かれ大きな損失を被った事例が発生しました。さらなるハッキング被害を抑止するため、Web3セキュリティアプリ開発KEKKAIとCoinPostの共同企画で、ハッキングの手法や対策について解説します。
17:40
Omakase、野村ホールディングスから資金調達でWeb3インフラ強化へ
Kudasaiの関連会社Omakaseが、野村ホールディングスからの出資を受け、Web3インフラ・エンジニアリング需要に対応する体制を強化。Avalanche、Eigenlayerなどのノード運営で400億円相当の暗号資産(仮想通貨)の委託を受けており、将来的なステーキング事業の開発も目指す。
14:53
トヨタのサブスク「KINTO」がNFTを用いた安全運転証明の実証実験を開始へ
KINTOは2024年6月から、NFTを用いた安全運転証明の実証実験を開始。トヨタ自動車株式会社のコネクティッドサービス「T-Connect」と連携。安全運転ドライバーの評価証明をSBTとして付与、将来的にリーズナブルな各種モビリティサービス提供につなげる狙い。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア