CoinPostで今最も読まれています

懐疑派から一転、米国版「マネーの虎」司会者がビットコインとイーサリアム保有を明かす

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

懐疑派だった著名投資家、BTCとETH保有を明らかに

投資リアリティー番組「Shark Tank」の司会者で著名投資家のKevin O’Leary氏は先月23日、暗号資産(仮想通貨)に対する懐疑的な姿勢から一転、自身のポートフォリオでビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)を保有していることを明らかにした。

Shark Tankは、米国版「マネーの虎」と呼ばれる人気番組で、Kevin O’Leary氏はカナダ出身の著名起業家だ。司会やCNBCのコメンテーターとして頻繁に登壇しており、米国の若年層からの認知度も高い。

Shark Tankはかつて日本で好評だった投資番組「マネーの虎」と類似したフォーマット。著名起業家らが新たな事業アイデアをアピールする挑戦者に対して時に厳しい質問を投げかけ、納得に至った場合、実際に資金を出資するという番組だ。

同番組の2009年から現在まで放映が続くヒットシリーズで、先月イーサリアムやNFT保有を明かし、注目を集めた著名投資家のMark Cuban氏もレギュラーとして出演している。

O’Leary氏は過去にはビットコインをはじめとする仮想通貨を「ゴミ」などと斬り捨ててきたが、機関投資家の相次ぐ参入などで態度を一変。2月下旬にCNBCに登壇した際、自身のポートフォリオの3%をビットコインとイーサリアム投資に向けたことを明かした。

著名人の自己資本(net worth)を追うWealthyGorillaのデータによれば、2021年時点でO’Leary氏の純資産は4億ドル(約430億円)に相当する為、単純計算では最大で12億円相当の資金を仮想通貨に投じた可能性がある。

「デジタル通貨は定着している」と仮想通貨に対する姿勢を改めた同氏は、仮想通貨特有の高いボラティリティを見ると「気分が悪くなる」と評しつつ、徐々に慣れ始めたと言及。20年末から乱高下が続く相場の中でも機関投資家などビットコインを保有する投資家層はボラティリティに動じない点を評価した。

また、ビットコインマイニング(採掘)の為のインフラへの投資を検討している姿勢を示していた。

O’Leary氏は今月2日にも二酸化炭素(CO2)の排出量をゼロにした「環境に優しい」仮想通貨のマイニングシステムに投資したい意向を再度示している。

仮想通貨市場の上昇で注目が再び高まりつつある中、一部では仮想通貨のマイニング(採掘業者)の電力ソースが環境問題に悪影響を及ばせているとの批判も集まっている。

バイデン新政権を始め、国連加盟国で二酸化炭素の排出量ゼロ(≒カーボンニュートラル)がSDGs(持続可能な開発目標)の一つとして含まれ、ESG投資を重視する見方も強まるが、マイニング業者も今後持続可能エネルギーの採用を求められる可能性が強くなっている傾向は否めない。

ビットコイン高騰でマイニング(採掘)の環境問題が再浮上、今後の課題は?
ビットコインの過去最高値更新やテスラ社の仮想通貨購入でマイニング事業の環境問題が再度懸念視されている。マイニングの電力消費の実態と今後の課題を考察した。

ツイッターアイコンでビットコイン支持

O’Leary氏と親交のある著名投資家Anthony Pompliano氏はツイッターアイコンを自身の顔にレーザーの眼を加工した画像に変更したと指摘した。

仮想通貨界隈では2021年2月より、ビットコインのポテンシャルを支持するユーザーの間でこの加工を加えるトレンドがあり、この流行に便乗したことが伺える。

2月10日でCNBCが公開した動画ではO’Leary氏は3年前、ハーバード大で講演を終えた際に生徒らからビットコインの購入を促され、100ドル分のビットコインなど米取引所コインベースで提供されていた様々な仮想通貨を購入していたと発言。しかし仮想通貨価格などが急落して投資した資金は80ドルまで減少したと述べていた。

ビットコインは好調だったとしたものの、その他の銘柄は「Crypto Crap」(排泄物)と称していた。

21年2月にはO’Leary氏がイーサリアムやNFT(非代替性トークン)を購入したことがブロックチェーン界隈から注目を浴びたが、O’Leary氏のビットコインとイーサリアムの保有は米国で変わりつつある仮想通貨への脚光を表しているかもしれない。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/01 水曜日
17:10
LBRY有価証券判決、「流通市場取引は適用外」
米ニューハンプシャー州の連邦地方裁判所は、流通市場における仮想通貨LBCの販売は証券の提供に該当しないとの判断を示し、米証券取引委員会が求めていた差止命令を却下した。
15:30
イーサリアム、1月に供給量が純減
1月にかけて仮想通貨イーサリアムの供給量が10,466 ETH(20億円)の純減となった。ネットワーク利用の増加に基づいてETHのバーン数が増加し、ステーキング報酬による新規発行量を上回っている状況だ。
14:50
Immutable、Web3ゲーム用ウォレットツールを発表
イーサリアムでweb3ゲームを構築・拡張するためのプラットフォームImmutableXは、一般ゲーマーにとっての参入障壁を取り除くための総合ソリューション「Immutable Passport」を発表した。
14:00
独DekaBank、機関投資家向けに仮想通貨関連サービス提供へ
仮想通貨カストディ企業METACOは、ドイツの大手証券サービスプロバイダーDekaBankと提携し、機関投資家向けにデジタル資産のカストディ・管理業務を提供していくと発表した。
12:30
Uniswap、トークンブリッジ「Wormhole」をサポートへ
分散型取引所UniswapをBNBチェーンで展開する計画で、Wormholeのトークンブリッジを採用する方針が明らかになった。他DEXによるコピーを防ぐライセンスが期限を迎える前に多チェーン展開を目指す。
12:00
香港当局、仮想通貨とステーブルコインの規制方針決定
香港金融管理局は、仮想通貨とステーブルコイン規制に関する方針を発表した。昨年の関連協議書には、バイナンスやリップル社、アニモカブランズなども意見を寄せていた。
11:00
米ウォール街の金融大手、仮想通貨事業を拡大へ
米ウォール街の大手金融企業は、テラ騒動やFTX破綻などの影響で仮想通貨市場が低迷する中、デジタル資産事業を推進。各企業の事業を紹介する。
10:17
博報堂キースリー、トヨタ協賛のweb3ハッカソンを開催へ
博報堂キースリーは、web3グローバルハッカソン第一弾の開催計画を発表した。トヨタ自動車株式会社とのタイアップ企画であり、「企業内プロジェクト向けDAO支援ツールの開発」をテーマとする。
09:00
第4回「GM Radio」、ゲストはDeFi Kingdoms創設者ら
グローバル版CoinPostが主催するGM Radioの4回目の放送は、2月3日(金)の12:30からツイッタースペースで配信予定。今回のゲストにはLayerZeroとDeFi Kingdomsの幹部を招待する。
08:10
イーサリアム、公開テストネットをローンチへ
仮想通貨イーサリアムは日本時間2日の0時、ステーキング出金機能を備えた公開テストネットZhejiangをローンチする。今回は、テストネットの他のアップグレードも公表された。
08:00
NYダウや仮想通貨関連株反発 雇用指標の伸び鈍化などで
本日のニューヨークダウやナスダックは反発。AI関連株やOASやDYDXトークンは大幅上昇した。
01/31 火曜日
15:59
英プレミアリーグ、Sorareと複数年パートナーシップ締結
大手ブロックチェーンゲーム会社Sorareは、英サッカー団体「プレミアリーグ」と複数年のライセンス契約を締結したことを発表した。Sorareはプレミアリーグとの正式な契約金を非公開としている。」
14:32
TOEICやトヨタ、DX化で加速するブロックチェーン導入事例
日本でTOEICテストを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会は、TOEIC® Program公開テストのスコアに、ブロックチェーン技術を活用したデジタル公式認定証を導入することを発表した。
13:09
米サークル社、USDC準備金の監査済「担保資産」の保有を強調
米ドル連動型ステーブルコインUSDCを発行する米サークル社は、2022年12月の準備金レポートを公開。流通しているUSDCを約1.4億ドル上回る準備金を保有していることがわかった。
12:00
Sudoswap、ガバナンストークンを配布
NFTの自動マーケットメーカープロトコル「Sudoswap」は、ガバナンストークンSUDOのエアドロップを実施。プロジェクトの分散化のために、トークンベースのガバナンス機構をスタートした。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア