米アマゾン提供のブロックチェーンサービス、イーサリアムのサポート開始

AWSがイーサリアムをサポート

アマゾンのクラウドサービス部門「AWS」が提供するブロックチェーン管理サービスで3月2日、イーサリアムブロックチェーンへのサポート開始が発表された。

AWSの公式発表によると、この新たなサービス提供により、「Amazon Managed Blockchain」(以下、AMBと表記)のユーザーはイーサリアム・ノードのプロビジョニングを数分で行えるようになる。同時に、イーサリアムのメインネットワーク、そしてRinkebyやRopstenなどのテストネットワークへの接続も可能になるという。

イーサリアムとAMB

AMBは既に、企業向けブロックチェーン・プラットフォームであるHyperledgerをサポートしているが、イーサリアム・ブロックチェーンへのサービス提供ははじめに、その計画が発表されてから2年越しの実現となった。

AMBは、スケーラブルなブロックチェーン・ネットワーク構築や管理を容易にするクラウドサービス。AWSが独自に開発するプライベート・ブロックチェーンを基盤にしている。

関連:米アマゾンが開発するブロックチェーン、AWSが提供するクラウド上で利用可能に

AWS利用者であれば、ハードウェアの準備や、ソフトウェアやアクセス制御の管理など各種の複雑な設定を行うことなく、ネットワークの構築が可能。ネットワーク稼働後は、インフラの監視や新たなメンバーの参加/離脱などの管理も簡素化される。

AMB利用の利点

イーサリアムベースのアプリ構築の際に開発者を悩ませてきたのは、インフラ運用と複雑な管理だという。特に非同期ノードのデータ信頼性や、データ保存のスケーリング問題、脆弱なオープンソースのソフトに起因するノードのクラッシュ、また、イーサリアムソフトのアップグレードにかかる時間などが懸念事項として指摘されていた。

AMBのサービスを利用することで、「ノードの健全性を監視し、不健全なノードを置き換え、イーサリアム・ソフトのアップグレードを自動化することで、ユーザーのイーサリアムインフラの可用性を向上させる」ことになるという。

AWSは、AMB利用の有益性を次のようにまとめている。

  • 安全なネットワーク構築
  • 送受信時やの保存の際のデータ暗号化
  • 標準的なイーサリアムAPIを介したネットワークへの安全なアクセス
  • イーサリアム ・ブロックチェーンとの高速かつ信頼度の高い同期
  • 耐久性と融通性を兼ね備えた台帳データのストレージ

AMBのイーサリアム向けサービスは、米国東部(北バージニア)、アジア太平洋地域(シンガポール、東京、ソウル)、欧州(アイルランド、ロンドン)といった地域で利用可能だという。

クラウドサービス大手のAWSが、イーサリアムをサポートするサービスを開始したことは、イーサリアムベースの開発を促進し、エコシステムの発展につながるものとして、業界からは歓迎の声が上がっている。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します